マカオのベイジンインペリアルパレスホテルがライセンス返上=タイパ島の老舗5つ星

このほど、マカオ・タイパ島にあるベイジンインペリアルパレスホテル(漢字表記:北京王府大飯店)の運営会社、マカオホテルディベロップメント社が公告を出し、ホテル経営ライセンスの当局への返上を決定したことを明かにした。

同ホテルは1992年にニューセンチュリーホテル(新世紀酒店)としてオープンし、2014年から現名称となった。ホテル等級は5つ星。

同ホテルをめぐっては、昨年(2016年)7月22日、旅遊局から重大な行政法上の義務違反や防火安全面の不備などがあったことが発覚し、封鎖命令を受けた。封鎖措置は6ヶ月間の臨時措置で、期限となる今年1月22日までに改修工事及び旅遊局による検査をパスできなければ、サウナ、レストラン、クラブハウス等の施設はライセンス取消または永久封鎖になるというもの。

マカオホテルディベロップメントは公告の中で、改修工事の許可申請が審査待ちの段階にあり、仮に現時点で許可を得たとしても、封鎖措置期限前に工事を完成させることは不可能であることから、ライセンス返上を決定せざるを得なかったと説明している。

旅遊局は1月13日深夜にプレスリリースを発出し、マカオホテルディベロップメント社からホテル経営ライセンスの取り消しを求める書類を受領したことを明らかにした。

なお、ホテルに併設するギリシャ神話カジノについても、一昨年(2015年)12月31日にリノベーション工事の名目で突如閉鎖となったままの状態が続いていた。

ベイジンインペリアルパレスホテル外観(資料)=マカオ・タイパ島、2014年5月本紙撮影

ベイジンインペリアルパレスホテル外観(資料)=マカオ・タイパ島、2014年5月本紙撮影

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  このほどマカオの公立総合大学にあたるマカオ大学(澳門大學)は、マカオのヘルスケア産業の発展に寄与…
  2.  マカオ政府統計調査局(DSEC)は2月23日、今年(2024年)1月の訪マカオ外客数(インバウン…
  3.  マカオ政府統計調査局が2月23日に公表した資料によれば、今年(2024年)1月の総合消費者物価指…
  4.  マカオ治安警察局は2月23日、マカオのタクシー車内で拾ったスマホを届け出せずに着服、転売したとし…
  5.  マカオ政府教育・青年発展局(DSEDJ)は2月23日、同日アメリカの元プロバスケットボール選手で…

ピックアップ記事

  1.  マカオ国際空港を拠点とするマカオ航空(NX)によれば、2024年1月31日までの期間限定で成田・…
  2.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  3.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  4.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  5.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…

注目記事

  1.  香港国際空港の制限エリア内にある「スカイピア」と港珠澳大橋マカオ側イミグレーション施設との間を港…
  2.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  3.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  4.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  5.  日本の女性アイドルグループ「高嶺のなでしこ」が2月1日にマカオ・コタイ地区にあるロンドナーシアタ…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年3月号
(vol.129)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun