マカオ、ギアの丘周辺のサクラが70本に…政府が植樹進める=花の見頃は来年2〜3月頃

マカオ政府民政総署(IACM)が8月8日に開催した地域座談会において、マカオ半島の世界遺産・ギア灯台の建つギアの丘(松山)周辺にある松山市政公園及び二龍喉公園一帯で今年(2018年)6月から7月にかけてサクラの木の植樹を実施したことを明らかにした。

IACMでは、3年前(2016年)にギアの丘周辺で20本のサクラを植樹。昨春、今春のお花見シーズンには多くの市民や観光客が見学に訪れ、新たな観光スポットとして脚光を浴びた。

IACMによれば、今回の追加植樹により、ギアの丘周辺のサクラの木の数は70本になり、花の見頃は来年2〜3月頃になる見込みとのこと。

ギアの丘に植樹されたサクラは高温多湿な華南地方の気候に適した「広州桜」と呼ばれる品種で、1つの花が開花してから散るまでの期間はおよそ7日間、1本の木が花を咲かせる期間はおよそ15日間程度という。

ギアの丘の上にある松山市政公園と麓にある二龍喉公園の間は営業距離186メートルで世界最短のロープウェイとして知られる松山ロープウェイで結ばれており、過去2回のお花見シーズンにも、ゴンドラの中から満開のサクラを俯瞰できると人気を博した。

マカオでは、ギアの丘のほかにも、タイパ島の蓮花大橋ガード下にあるサイクリングコース周辺、コロアン島のカートサーキット周辺に「中国紅」と呼ばれる品種のサクラが植えられている。

マカオ・ギアの丘周辺のサクラと松山ロープウェイ(資料)-2017年5月本紙撮影

マカオ・ギアの丘周辺のサクラと松山ロープウェイ(資料)-2017年5月本紙撮影

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  香港とマカオの間では、従来から両地の通関施設において双方の永久性居民身分証(永住権保有者用IDカ…
  2.  マカオ国際空港運営会社にあたるCAMは7月19日、同日午前4時35分(現地時間、以下同)に離陸中…
  3.  マカオ・コタイ地区の統合型リゾート(IR)シティ・オブ・ドリームズに併設する高級ホテル、グランド…
  4.  マカオ司法警察局は7月17日、海外からマカオへ国際クーリエを使って乾燥大麻を密輸したなどとしてマ…
  5.  マカオ治安警察局は7月18日、マカオ警察総局による指揮の下、マカオの良好な治安環境の保護・維持を…

ピックアップ記事

  1.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  2.  マカオ政府は6月17日、政府がコタイ地区の南東部に位置する約9万4000平米の国有地を活用し、約…
  3.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  4.  シンガポール発の国際ラグジュアリーホテルブランド「カペラ」がマカオ初進出することがわかった。カペ…
  5.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…

注目記事

  1.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  2.  日本も出場した女子バレーボールネーションズリーグ(VNL)予選第2週のマカオ大会が5月28日から…
  3.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  4.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  5.  マカオ治安警察局は3月5日、東京などからマカオへ向かう航空機内で窃盗を繰り返したとして中国人(中…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年7月号
(vol.133)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun