マカオ司法警察局がカジノIRの最前線で働くスタッフを対象にした防犯ワークショップをウィンリゾーツ社と合同開催

 マカオ司法警察局は6月20日、同月17日にカジノIR(統合型リゾート)の最前線に勤務するスタッフを対象とした警民協力による防犯能力向上を目的としたワークショップをウィンリゾーツ(マカオ)社と合同開催したと発表。

 ウィンリゾーツ(マカオ)社はマカオ政府とカジノ経営コンセッションを結ぶ6陣営の一角で、マカオ半島でウィンマカオ、コタイ地区でウィンパレスという2つのカジノIR施設を運営している。

 今回のワークショップには、司法警察局から講師役としてゲーミング(カジノ)及び経済犯罪捜査に従事する刑事が14人、ウィンリゾーツ(マカオ)社側からは警備、サーベイランス、調査、マーケティング、財務、人事、ホテルオペレーション、ゲーミングテーブル、スロットマシンなどの部門から53人が参加。

 講師から警察への通報手順、最新のカジノ関連犯罪の趨勢の紹介、違法貨幣両替活動によって生じる治安問題に関する啓蒙ビデオ上映と実例を組み合わせた解説、偽造文書、偽造紙幣、マネーロンダリングといった犯罪に関する刑法知識、オンラインデート詐欺、投資・電話詐欺の予防法紹介などの講義の後、小グループに分かれ、座談会形式で刑事と参加者が仕事や生活の中で遭遇する犯罪に関する問題やその対応についてのミーティングを行い、防犯意識と能力の向上を図ったとのこと。この経験を友人や家族とも共有してほしいとした。

 司法警察局では、今後もカジノ関連犯罪の予防と取り締まりを強化して臨むと同時に、カジノ業界との協力を密にし、カジノの最前線で勤務するスタッフに対するトレーニングの提供などを通じ、警察と民間の協力体制の下、カジノ及び周辺エリアにおける治安秩序に維持に取り組み、カジノ産業の健康的な発展を保障していくとした。同様のワークショップは他のカジノ経営コンセッションを結ぶ各事業者との間でも順番に合同開催されている。

マカオ司法警察局がウィンリゾーツ(マカオ)社と合同開催した防犯能力向上のためのワークショップ=2021年6月17日(写真:マカオ司法警察局)

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ半島北部に位置する公設市場で、建物外観の色から「紅街市(レッドマーケット)」の通称で知られ…
  2.  マカオ司法警察局は5月29日、特殊詐欺(電話詐欺)の実行役としてマカオを訪れ、マカオの高齢者4人…
  3.  マカオで複数の統合型リゾート(IR)を運営するSJMリゾーツ社は5月29日、傘下のIR施設に入る…
  4.  マカオは長く本格的な鉄道が存在しなかったが、2019年12月に新交通システム「マカオLRT」タイ…
  5.  マカオ政府旅遊局(MGTO)は5月28日、このほど中国旅遊研究院がWeChatの公式アカウントへ…

ピックアップ記事

  1.  シンガポール発の国際ラグジュアリーホテルブランド「カペラ」がマカオ初進出することがわかった。カペ…
  2.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  3.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  4.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  5.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…

注目記事

  1.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  2.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  3.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  4.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  5.  マカオ治安警察局は3月5日、東京などからマカオへ向かう航空機内で窃盗を繰り返したとして中国人(中…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年6月号
(vol.132)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun