マカオ、1939年建造の公設市場「雀仔園街市」がリニューアル

 東洋と西洋の文化が見事に融合した美しい街並みが多くの観光客を魅了するマカオ。旧市街エリアには今も数多くの歴史ある建物が残り、公共施設などとして現役で活躍する例も少なくない。

 そのひとつが、マカオ半島の中心に近いローカルエリア「雀仔園」にある公設市場「雀仔園街市」で、85年前(1939年)に建てられたもの。しかし、長年にわたって多くのメンテナンスを繰り返し実施してきたものの、老朽化には抗えず、同施設を管轄する市政署(IAM)が施設・設備の最適化による根本解決を図るため、2023年3月からリノベーション工事を進めてきた。このほど工事が終了し、1月9日にリニューアルオープンする運びになったという。

リニューアルオープンするマカオの公設市場「雀仔園街市」外観(写真:IAM)

 IAMによれば、今回のリノベーションでは、外観を維持した上で空調・換気システムを追加設置したほか、内部では照明システムの改善、トイレの位置及び男女スペース割合の調整、排水設備の更新、バリアフリー設備の増設などが行われたという。

 記者が現地で確認したところ、外観は一部の入口に新たなサイネージが設置されたほか、基本的に元のイメージが保たれているように見えた。内部については以前と大きくイメージが変わり、明るく整然とした清潔感あふれる雰囲気に変貌している。市場の外周にある軽食や野菜の屋台も「復活」しており、雀仔園エリア独特のローカル感は今後も味わうことができそうだ。

 目下、マカオ半島の北部にある80年以上の歴史を持つ公設市場「提督街市(通称:紅街市)」についても2022年3月から約2年間に及ぶ大規模リニューアル工事が進められており、こちらについても外観を維持する計画となっている。

リニューアルオープンするマカオの公設市場「雀仔園街市」内観(写真:IAM)

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ司法警察局は5月27日、同月12日にコタイ地区にある統合型リゾート(IR)併設ホテルの客室…
  2.  マカオ司法警察局は5月27日、食材の横流しに関わったとしてマカオの食品会社に勤務する海外労働者(…
  3.  マカオ司法警察局は5月27日、不正行為によりマカオのカジノ運営企業から約454万香港ドル(日本円…
  4.  マカオ政府体育局とマカオの統合型リゾート(IR)運営企業ギャラクシーエンターテインメントグループ…
  5.  マカオ政府統計・センサス局は5月27日、今年第1四半期(2024年1〜3月)にマカオで開催された…

ピックアップ記事

  1.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  2.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  3.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  4.  シンガポール発の国際ラグジュアリーホテルブランド「カペラ」がマカオ初進出することがわかった。カペ…
  5.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…

注目記事

  1.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  2.  マカオ治安警察局は3月5日、東京などからマカオへ向かう航空機内で窃盗を繰り返したとして中国人(中…
  3.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  4.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  5.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年6月号
(vol.132)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun