マカオでフィーゴらポルトガルサッカーの伝説的プレーヤーが躍動…フットサル親善試合に出場

 マカオの統合型リゾート(IR)運営企業SJMリゾーツ社がマカオ特別行政区の成立25周年を記念して主催するフットサルの親善試合がきのう(5月19日)午後、マカオ東アジア大会体育館(通称:マカオドーム)で開催された。

 今回の親善試合はポルトガルサッカーのレジェンドで構成される「ポルトガル・アイコンズ(Portugal Icons)」と香港映画スターとサッカー香港・ マカオ・広東代表選手で構成される大湾区フライングドラゴン(GBA Flying Dragon)の対戦。11-4でポルトガル・アイコンズが勝利した。

ポルトガル・アイコンズのキャプテンを務めたフィーゴ=2024年5月19日、マカオドーム(写真:SJM Resorts S.A.)

 主催者発表によれば、観客動員数は約4千人だったといい、試合の模様はYouTubeなどを通じて全世界へ向けてライブ配信された。

 出場したポルトガルのレジェンドはルイス・フィーゴ、リカルド・クアレスマ、ビトール・バイーア、ペドロ・パウレタ、ディマス・テイシェイラ、ジョゼ・ボシングワ、リカルド・カルヴァーリョ、ティアゴ・メンデス、ヌーノ・ゴメス、マニシェ、エルデル・ポスティガの錚々たるメンバー。

表彰式に臨むフィーゴらポルトガル・アイコンズのプレーヤーら=2024年5月19日、マカオドーム(写真:SJM Resorts S.A.)

 試合は20分ハーフ(前半後半合計40分)で行われ、試合開始早々にフィーゴが往年を彷彿とさせるテクニックを駆使して先制ゴールを決め、会場を沸かせた。その後もレジェンドプレーヤーらが次々と美しい個人技を披露、また息の合ったコンビネーションで終始相手ゴールへ襲いかかり、試合終了まで目が離せない展開に。レジェンド相手に奮闘する大湾区フライングドラゴンのプレーヤーにも惜しみない声援が送られた。

 ポルトガル・アイコンズのキャプテンを務めたフィーゴは試合後、「マカオはポルトガルが深く根ざした自分にとって故郷を思い出させてくれる親近感のある場所で、今回の滞在中にマカオの街をめぐり、また少年らにサッカー指導をする機会を通じ、フレンドリーなスタッフと素晴らしいファンらとの出会い、マカオのサッカーに対する情熱をあらためて感じ、ファンを喜ばせることができたことを嬉しく思うとともに、大湾区フライングドラゴンのプレーヤーがハートとスキルを存分に発揮して楽しい試合をしてくれたことに感謝する」とコメント。また、ポスチガは「SJMリゾーツ社のホスピタリティは完璧で、マカオの活気ある街の雰囲気に感動し、他のアジアの都市とは違ったオーラを放っているように感じた」と述べた。

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ司法警察局は6月12日、同日カジノ施設などが集積する繁華街のひとつ、マカオ半島新口岸地区に…
  2.  6月12日付のマカオ特別行政区公報(官報に相当)に2023年廉政公署(汚職捜査機関、CCAC)業…
  3.  6月12日付のマカオ特別行政区公報(官報に相当)に新交通システム「マカオLRT」を運営するマカオ…
  4.  マカオ政府衛生局(SSM)は6月12日、マカオでデング熱伝播の高リスクシーズンを迎えているとし、…
  5.  マカオ司法警察局は6月11日、マカオの路上で徒党を組んでスリを行ったとして中国広西チワン族自治区…

ピックアップ記事

  1.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  2.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  3.  シンガポール発の国際ラグジュアリーホテルブランド「カペラ」がマカオ初進出することがわかった。カペ…
  4.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  5.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…

注目記事

  1.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  2.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  3.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  4.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  5.  マカオ治安警察局は3月5日、東京などからマカオへ向かう航空機内で窃盗を繰り返したとして中国人(中…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年6月号
(vol.132)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun