タイパの駐車場価格10%上昇―駐車場不足深刻

マカオ経済の好調を受け、市民のマイカー購入が増えている。地元の大手駐車場専門不動産仲介会社によると、マカオの駐車場価格は昨年(2013年)に一気に70~80%上昇した後、今年に入って少し落ち着いたというが、旧正月後に再び3~5%上昇。特にタイパでは10%程度の上昇がみられたという。

4月22日付地元有力紙「澳門日報」が伝えた。地元の大手駐車場専門不動産仲介会社車位皇の陳力旗社長によると、旧正月前はマーケットの閑散期となったが、旧正月後に調子を取り戻し、総体駐車場取引価格は3~5%程度の上昇しているという。ここ1か月、香港のマンション及び駐車場価格が下落に転じているが、マカオの買い手も様子見の状況で、ここ半月の取引は膠着状態とのこと。

しかし、マカオの経済発展が今後も続く見込みである中、マカオ政府はマイカー台数の増加に対する対応を全く計画していないことから、駐車場に対する需要は依然として高い状況が続いている。

タイパの駐車場価格の上昇が目立つのは、横琴新区の影響によるものとされる。横琴新区の発展に高い期待を示す投資家は多く、横琴に近いタイパの駐車場への投資につながっている。今年1~4月のタイパの駐車場取引価格は10%上昇した。

一方、横琴新区は今後マカオとの間で人の出入りが簡略化されるほか、マカオの自動車も出入りが自由となる見通し。横琴新区の開発が一段落した時点で、現在タイパに住む香港人労働者の一部がより安い家賃の横琴に転居する可能性もあり、その時点でタイパのマンション及び駐車場需要が減退する可能性も指摘されている。

月極駐車場については、今年に入って契約更新をする際、概ね月額500パタカ程度の値上がりとなっており、上昇幅は40%にも達している。マカオ半島の人口密集地として知られる筷子基エリア區、高士德エリアでは早々に2000パタカ、タイパでも1000パタカを超え、林茂塘、東方明珠といった一部マンションでは3000パタカ以上という月額賃料も珍しくなく、1つの駐車スペースの空きを3~4人が待っている状況もみられるという。

陳社長によると、現在ほぼ1世帯に1台が自家用車を所有しており、給与増に伴い若年層によるマイカー購入意欲も増大している中、駐車場需要が高まっているという。また、近年新築されたマンションでは駐車場の供給が不足しており、戸数と駐車場の割合は2:1で、こういった状況駐車場価格の高騰につながっているとみる。

人口の多いマカオ半島北部の駐車場不足は特に深刻で、公園などを公共停車場に転用するなどの措置が必要とも語っている。

現在、マカオで自動車を購入する際の初期費用や維持費は日本と比較して格段に安い。車庫証明制度も未導入で、路上駐車なども大きな社会問題となっている。

マカオの路上に設置されているコインパーキング(資料)―本紙撮影

マカオの路上に設置されているコインパーキング(資料)―本紙撮影

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ司法警察局では、マカオの地域コミュニティの治安環境の浄化による市民と旅客の安全を確保するた…
  2.  マカオの出入境管理を担当する治安警察局は6月22日、SNS等を通じて非居民のマカオ入境時の旅券有…
  3.  澳門海關(マカオ税関)は6月20日、同月19日にマカオ半島北部・祐漢エリア所在の工業ビル内に開設…
  4.  マカオ司法警察局は6月20日、マカオで高齢者の被害が確認された特殊詐欺(電話詐欺)事案3件に関与…
  5.  マカオ政府統計・センサス局が6月21日に公表した資料によれば、今年(2024年)5月の総合消費者…

ピックアップ記事

  1.  マカオ政府は6月17日、政府がコタイ地区の南東部に位置する約9万4000平米の国有地を活用し、約…
  2.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  3.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  4.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  5.  シンガポール発の国際ラグジュアリーホテルブランド「カペラ」がマカオ初進出することがわかった。カペ…

注目記事

  1.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  2.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  3.  マカオ治安警察局は3月5日、東京などからマカオへ向かう航空機内で窃盗を繰り返したとして中国人(中…
  4.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  5.  日本も出場した女子バレーボールネーションズリーグ(VNL)予選第2週のマカオ大会が5月28日から…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年6月号
(vol.132)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun