香港の旧正月「お年玉」相場、上向き傾向=各銀行で新券の両替はじまる

香港の各銀行で「利是(ライシー)」と呼ばれる旧正月のお年玉に使う新券の両替が2月10日からはじまった。香港やマカオでは、今も農暦(いわゆる旧暦)を盛大に祝う習慣が残っており、2月19日の旧正月元旦を目前に控え、新年を迎える準備が進められている。

当地のお年玉事情は日本と若干異なる。日本では家族内で大人から子供にあげるものという考え方が一般的だが、こちらでは親から子供、既婚者から未婚の家族や友人、会社の上司から部下、マンションの管理人、よく訪れるレストランの給仕スタッフなど、配布先は多岐にわたる。しかしながら、それぞれの金額はそれほど大きくない。日本と貨幣価値が変わらない香港だが、現在も10香港ドル(日本円換算:約150円)紙幣や20香港ドル(約300円)紙幣が発行されており、お年玉として使われる。

香港の日刊紙「アップルデイリー」が2月10日付電子版で報じた内容によると、同紙が2月第2週の4日間に18歳以上の1343名を対象にした電話アンケートを実施したところ、この旧正月、ポチ袋1つあたりに入れるお年玉の金額として、最多を占めたのは63.8%の20香港ドルで、前年の66.8%から3ポイント下落。一方で、50香港ドル(約750円)が11%、100香港ドル(約1500円)が9%と全体の20%を占め、前年より1割程度増えた。また、準備するお年玉の総額については、23.9%が昨年より減少、27.1%が増加、48.9%が変わらずと回答したという。

香港では2014年の住宅不動産価格が過去最高を記録するなど、好景気が続いている。間もなく迎える未年、お年玉相場も若干ながらも上向き傾向となっているようだ。

旧正月シーズンの香港やマカオの商業施設では「財神」が来訪客にお年玉としてクーポン券などを配るイベントも各所で開催される(写真:Grand Hyatt Macau)

旧正月シーズンの香港やマカオの商業施設では「財神」が来訪客にお年玉としてクーポン券などを配るイベントも各所で開催される(写真:Grand Hyatt Macau)

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ・コタイ地区にある統合型リゾート(IR)グランドリスボアパレス(上葡京)で4月22日、世界…
  2.  マカオの統合型リゾート(IR)運営企業SJMリゾーツ社は4月22日、マカオ特別行政区の成立25周…
  3.  マカオ政府統計センサス局(DSEC)は4月22日、今年(2024年)3月及び1〜3月累計の訪マカ…
  4.  マカオを中心にアジア、欧州で統合型リゾート(IR)施設の開発・所有・運営を行うメルコリゾーツ&エ…
  5.  マカオ治安警察局は4月21日、自動車の運転者と歩行者の安全を確保するため、マカオ域内の各所でキッ…

ピックアップ記事

  1.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  2.  マカオ国際空港を本拠地とするマカオ航空(NX)が福岡便の運航を(2024年)7月12日から再開す…
  3.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  4.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  5.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…

注目記事

  1.  香港国際空港の制限エリア内にある「スカイピア」と港珠澳大橋マカオ側イミグレーション施設との間を港…
  2.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  3.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  4.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  5.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年4月号
(vol.130)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun