マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

香港の人口、2043年にピークの822万人=今後50年間で中国本土移民193万人流入

珠江デルタ2015/09/26 10:44

香港政府統計局は9月25日、最新の人口推計結果を公表した。2014年の香港の人口は約724万人だが、今後、2043年に822万人でピークを迎えて以降は下落傾向が続き、50年後の2064年には781万人になるとの見通し。

統計局のレスリー・タン(鄧偉江)局長によると、今後50年間の香港の人口増長の重要パートを占めるのが「新移民」と呼ばれる中国本土からの移民で、その数は累計で193万人、毎年平均3.85万人に上るという。この他、高齢化や共働き世帯の増に伴い、老人介護や保育サービス需要も高まると予想され、海外出身のホームヘルパーについても現在の33万人から63万人に達する見通しとのこと。

香港の人口に占める65歳以上の高齢者の割合は2014年の15%から2064年には36%に達すると予想されている。また、2014年の平均寿命(出生児平均余命)は男性が81.2歳、女性が86.9歳だが、2064年には男性が87歳、女性が92.5歳にまで延びるとのこと。

香港政府統計局が最新の人口推計結果を発表。写真中央が統計局のレスリー・タン局長=9月25日(写真:news.gov.hk)

香港政府統計局が最新の人口推計結果を発表。写真中央が統計局のレスリー・タン局長=9月25日(写真:news.gov.hk)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2022年6月27日発刊 (7月号 vol.109」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース