マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

港珠澳大橋経由で香港・マカオ間相互往来可能な自家用車は900台…マカオ分600台

珠江デルタ02/14 11:03

マカオ政府交通事務局は2月13日、港珠澳大橋経由で香港・マカオ間を回数無制限で相互往来可能な自家用車(非商用車)の台数について、香港当局とコンセンサスが取れたと発表した。

具体的な割り当て数については、香港へ乗り入れ可能なマカオ登録の乗用車が600台、マカオへ乗り入れ可能な香港登録の乗用車が300台とのこと。香港へ乗り入れ可能なマカオ登録の乗用車が600台のうち、有効期限1年が500台、同半年が100台。申請方法などの詳細は後日同局が発表する予定とした。

また、マカオ乗り入れ許可の有無に関わらず、香港登録の自家用車は港珠澳大橋のマカオ側イミグレーション施設までの乗り入れが可能とのこと(事前にイミグレーション施設併設駐車場の予約を確保することが条件)。イミグレーション施設の駐車場から先は、徒歩での通関を経てマカオ域内に入り、路線バスやタクシー等での移動することになる。

建設中の港珠澳大橋。手前がマカオ側イミグレーション施設群の建つ人工島(資料)=2016年7月-本紙撮影

建設中の港珠澳大橋。手前がマカオ側イミグレーション施設群の建つ人工島(資料)=2016年7月-本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2018年11月26日発刊 (12月号 vol.066」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース