マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオ政府、18歳未満への酒の販売を禁止する方針…2019年度に準備着手=カジノ入場は21歳以上

社会・政治12/04 10:06

マカオにおける成人年齢は18歳となっている。目下、たばこ製品の購入については18歳以上のみが購入できると法律で明確に規定されているが、酒の購入に関してはルールがない状態となっている。

マカオ立法会では12月3日、来年度(2019年度)の社会文化分野における施政弁論が行われた。マカオ政府社会文化庁の譚俊榮(アレクシス・タム)長官が、立法議員から来年度の未成年者の禁酒に関する構想を問われた際、未成年者のアルコール摂取状況に関するデータの収集や法規制に向けた各種リサーチに着手し、パブリックコメント(意見公募手続き)実施を経て立法化したい意向を示した。

ちなみに、マカオのカジノ入場及び労働年齢制限は、長く18歳以上だったが、2012年11月1日から21歳以上に引き上げられた。

21歳未満の者がカジノへ入場したことが発覚した場合、本人及びカジノ運営企業の双方についてそれぞれ最大1万マカオパタカ(日本円換算:約14万円)、50万マカオパタカ(約703万円)の罰金が科される。また、21歳未満がカジノゲームに参加していた場合、ベット金、勝ち金はいずれも没収となり、公庫に納入される。

社会文化分野における2019年度施政弁論の様子=2018年12月3日、マカオ立法会(写真:GCS)

社会文化分野における2019年度施政弁論の様子=2018年12月3日、マカオ立法会(写真:GCS)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2018年11月26日発刊 (12月号 vol.066」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース