マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオ、刃物持った窃盗容疑者に警官が発砲…中国本土出身の密航者か

社会・政治2019/02/03 10:07

マカオ司法警察局の発表によれば、マカオ半島北部の關閘エリアにある飲食店で2月3日未明に窃盗事件が発生。被害者が友人らと共に後を追い、一旦は追いついたものの、もみ合いになった際に果物ナイフのようなもので攻撃され、負傷。容疑者は隙を突き、盗んだバッグを持って逃走したという。

被害者から通報を受けた治安警察局から司法警察局に捜査が引き継がれ、司法警察局所属の警察官が容疑者の行方を捜索していたところ、同日午前5時すぎに最初の現場の南側に位置する住宅街、祐漢エリアの路上で容疑者を発見し、追跡。容疑者は近くのアパートに逃げ込み、階段の踊り場で警察官と対峙するかたちになったという。

この際、警察官が容疑者に身柄の確保に応じるよう説得するも全く応じる気配を見せず、所持していた刃物を警察官に向けて強烈な反抗の意思を示したとのこと。警察官の制止を複数回にわたって無視し、警察官が生命の危険を感じたことから、身柄確保のため発砲するに至ったとした。弾は容疑者の大腿部に命中したという。

容疑者は中国本土出身の男(31)で、密航者の可能性があることも判明。なお、容疑者は身柄を確保された後、治療のため病院に搬送されたが、命に別状はなく、意識もはっきりしているとのこと。また、バッグを奪われた被害者の友人がナイフで切られ軽傷、容疑者と対峙した警察官の一部も軽傷を負ったが、いずれも程度は軽いという。

マカオで警察官による発砲はたいへん稀なケースだが、今年に入って以降、今回が2度目となる。前回は、1月初旬にコタイ地区のカジノ施設門外で違法喫煙行為を注意された中国本土出身の男らが治安警察局所属の警察官を襲撃した際の威嚇発砲。

容疑者の身柄が拘束されたアパート前での現場検証の様子=2019年2月3日(写真:マカオ司法警察局)

容疑者の身柄が拘束されたアパート前での現場検証の様子=2019年2月3日(写真:マカオ司法警察局)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2019年 7月24日発刊 (8月号 vol.074」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース