マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオ経済財政長官「カジノ経営権再入札準進行中」…現行契約の満期は2022年6月

カジノ2019/05/12 10:12

世界一のカジノ売上を誇る都市、マカオ。現在、コンセッション(カジノ経営権契約)を結ぶ6陣営がおよそ40のカジノ施設を運営している。6陣営の契約満期日は2022年6月26日となっており、期限が迫りつつある中、今後の動向に注目が集まっている。

マカオ政府経済財政庁の梁維特(ライオネル・リョン)長官は5月11日に囲み取材に応じた際、カジノ経営権契約について、既存契約の延長ではなくあらためて再入札を実施するという従来の方針を維持する考えを示した上、政府として再入札実施に向けた準備を進めていると述べた。

梁長官によれば、カジノ業界の発展とどのようにしてマカオ政府が目標として掲げる世界的ツーリズム・レジャーセンター化をどのように結びつけるか、カジノ業界がいかにしてより多くの社会的責任を引き受けるか、どのようにしてより多くのノンゲーミング分野の出現を促すかなど、法律と行政法規が多く関わってくることから、多くの人手と時間をかけて研究しているとのこと。2022年まで一定の時間的余裕がある中だが、次期政権へと円滑な引き継ぎができるよう、気を抜かずに仕事に邁進していくとした。(註:現政権の任期は2019年12月19日まで)

囲み取材に応じるマカオ政府経済財政庁の梁維特長官=2019年5月11日(写真:GCS)

囲み取材に応じるマカオ政府経済財政庁の梁維特長官=2019年5月11日(写真:GCS)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2019年 4月25日発刊 (5月号 vol.071」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース