マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオ開催の国際カジノ見本市「G2Eアジア2019」が日本版IRテーマのパネルディスカッションを2本用意

カジノ2019/05/13 14:09

アジア最大級の国際カジノ見本市として毎年5月中旬にマカオで開催されている「G2Eアジア(Global Gaming Expo Asia)」。13回目となるG2Eアジア2019の開催期間は今月(5月)21日から23日までの3日間、会場は前回と同じコタイ地区の大型IR(統合型リゾート)ヴェネチアンマカオを予定している。

G2Eアジアはアメリカゲーミング協会と国際展示会大手リード・エグジビションズ社の共催で2007年にスタート。日系企業を含む世界のスロットマシン及びカジノ周辺機器メーカー、サービスプロバイダーなどが出展し、アジアを中心としたカジノ運営会社の関係者らが視察に訪れることから、ビジネスネットワーキングハブ機能を果たしてしているのが特徴となっている。

昨今、世界のゲーミング業界においてホットなトピックとなっているのが「日本版IR」だ。G2Eアジアはこれまでに日本をテーマにした講演やパネルディスカッションを多数誘致してきたことで知られる。今回についても、会期初日(21日)の午後、日本及び海外の有識者による「日本におけるゲーミング業の展望」と「日本版IRがアジアゲーミング市場に与えるインパクト」をテーマにしたパネルディスカッションが用意されており、多くの業界関係者の聴講が見込まれる。なお、パネルディスカッションはカンファレンス会場で開催されるもので、事前参加申し込み(有料)が必要となる。

前回のG2Eアジア2018では、エキジビション面積が前年から27%拡大の3万3000平米、来場者数が同17.2%増の1万6358人に上り、いずれも最大/最多となった。今年も会場を初めて2フロア化することなどが発表されており、一層の規模の拡大が見込まれる。

「G2Eアジア」エントランスロビーイメージ(写真:Reed Exhibitions)

「G2Eアジア」エントランスロビーイメージ(写真:Reed Exhibitions)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2019年 8月26日発刊 (9月号 vol.075」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース