マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオのMICEイベント、中止や延期相次ぐ…新型肺炎の影響

産業・経済2020/02/13 11:26

 中国・湖北省武漢市で集中発生している新型コロナウイルスによる肺炎(新型肺炎)。世界各地で感染拡大に対する懸念が高まる中、中国本土からのインバウンド旅客が多いマカオでも、官民の間で各種防疫対策が進んでいる。

 マカオでは、新型肺炎に対する防疫対策が厳格化された1月後半以降、インバウンド旅客数が急減。2月5日からは防疫対策のさらなる強化でマカオの全カジノ施設が15日間の休業に入った。6日以降、宿泊客数減を理由に一時休業を発表するホテルが相次いでいる。

 マカオ政府貿易投資促進局の劉關華(アイリーン・ラウ)主席は2月12日に政府系放送局TDMの番組に出演した際、新型肺炎の影響を受け、今年(2020年)2〜3月に開催予定だったMICEイベント183件が中止または延期になったとし、通年の開催件数も前年から減少するとの見方を示した。マカオ政府主催で3月末開催予定の「マカオ国際環境協力フォーラム&エキジビション(MIECF)」についても、中止の方向で調整しているとのこと。目下、同局では、状況が落ち着いた後、どのようなかたちで早期回復を図るかについて、MICE業界関係者と検討を重ねているとした。

 業界関係者によれば、4〜5月開催予定分まで影響が及ぶとみられ、中止や延期となるMICEイベントの数は累計500件程度にまで増える可能性があるという。

 近年、マカオでは大型IR(統合型リゾート)のオープンラッシュが続く中、官民でMICE誘致に積極的に取り組んできた。

マカオの町並み(資料)=マカオ半島・内港上空から空撮、2015年4月(写真:GCS)

マカオの町並み(資料)=マカオ半島・内港上空から空撮、2015年4月(写真:GCS)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2020年6月24日発刊 (7月号 vol.085」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース