マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオ、公共図書館の自習室エリアが再オープン

社会・政治2020/06/15 09:24

 マカオでは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)防疫対策の一環として公共図書館が1月下旬に一斉クローズとなった。その後、域内における状況が落ち着いたことを受け、3月から5月中旬にかけて順次再開されている。

 再オープンにあたり、先行施設と同様、入場にあたってマスクの着用、検温、健康コードの提示を求めるほか、見学可能エリア及び同時入館人数の制限、館内の清掃と消毒の強化を実施するなどの措置が講じられている。

 公共図書館については、これまでに16館が限定的に再開済み。マカオ政府文化局(ICM)は、このうちマカオ中央図書館など6館について、自習室及びディベートルームエリアを再オープンするとともに、閉館時間を午後10時まで繰り下げると発表。

 なお、各図書館におけるキッズエリア及び黒沙環児童図書館はクローズしたままの状態を維持するとした。

マカオの公共図書館の自習室及びディベートルームエリアを再オープン(写真:ICM)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2020年7月24日発刊 (8月号 vol.086」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース