マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオと広東省の間の水際対策緩和で「運び屋」復活の兆し…子供の通学用バッグにたばこ隠すなど悪質な手口も

社会・政治2020/07/19 11:10

 マカオでは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)防疫対策の一環として、厳格な入境制限が講じられている。

 このところマカオと広東省における状況が落ち着いていることから、7月15日午前6時から両地の間における水際対策が緩和された(14日間の隔離検疫の撤廃、諸条件有り)。

 マカオ税関当局(澳門海關)では、新型コロナ影響下においても、中国本土側の関連当局と連携して麻薬、武器弾薬といった禁制品はもとより、未検疫の肉類や植物、免税範囲を超えたたばこ製品といった管制下にある物品を必要な手続きをせずハンドキャリーやクロスボーダー車両を用いて越境運搬する違法行為(いわゆる「運び屋」)に目を光らせてきたという。

 マカオと広東省の間における水際対策緩和によって、一時は鳴りを潜めていた運び屋が復活の兆しをみせているとされ、税関が取り締まりを強化して臨んでいるとのこと。

 税関によれば、17日に中国本土側から情報提供を受け、マカオ側のイミグレーションで紙巻たばこの密輸事案を2件摘発。いずれも菓子のパッケージの中にたばこを隠していたもので、密輸量は2000本だったという。このほか、近日、子供の通学用バッグの中にたばこを隠すといった悪質な手口もあったとした。

子供の通学用バッグの中にたばこを隠して密輸した事例(写真:澳門海關)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2020年10月23日発刊 (11月号 vol.089」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース