マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオに「タイヤ公園」建設へ…節約と環境保護のシンボルに

観光2020/08/16 15:00

 マカオ市政署(IAM)は8月14日、タイパ島の新興住宅街にある約1.9万平米の空き地に古タイヤを再利用した遊具等を主とした「タイヤ公園」を建設する計画を発表した。節約と環境保護提唱のシンボルにしたい意向。

 公園の正式名称も「車胎公園」(日本語で「タイヤ公園」の意味)を予定おり、テーマそのものとなる。

 タイヤ公園といえば、日本の東京都大田区にある西六郷公園が有名だ。近年、海外からも注目されているという。市政署では、日本や欧米、中国本土に複数あるタイヤ公園が現地の市民から歓迎されていることを参考にしたとした。

マカオ・タイパ島に建設予定の「タイヤ公園」完成予想イメージ(図版:IAM)

 市政署では、政府環境保護局と協力して古タイヤを選定するとし、溶解しておらず外観に大きな損傷のないものを選び、消毒、研磨等の処理を施した上で、水が溜まるのを防止するため底部に穴を開けて設置。また、公園のオープン後も定期検査、メンテナンスを通じてタイヤを入れ替え、衛生と安全を確保するとのこと。

 公園にはスポーツ施設、健康器具コーナー、ウォーキングコース、売店なども併設されるという。

 市政署によれば、2021年第1四半期に着工し、同年第4四半期のオープン予定とのこと。整備にかかる予算は約3000万マカオパタカ(日本円換算:約4億円)。節約と環境保護の観点から、空き地の元の地形をできるだけ生かし、掘削作業も減らすとしている。

マカオ・タイパ島に建設予定の「タイヤ公園」完成予想イメージ(図版:IAM)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2020年9月24日発刊 (10月号 vol.088」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース