コロナ禍のカジノ業界で日本企業奮闘…『鉄拳』スロットがマカオの大型IR等で稼働開始…LT GAME JAPANとバンナムが共同開発

 新型コロナの世界的流行の影響を受ける業界は多岐にわたるが、カジノ業界もそのひとつ。世界最大のカジノ売上を誇るマカオのカジノも水際対策強化によるインバウンド旅客の激減や防疫措置を講じたニューノーマル下での営業を余儀なくされていることにより苦戦を強いられている。

 カジノ業界は裾野の広い産業で、例えばマカオのカジノで使われているスロットマシンやカジノ用品について、実は多くの日本企業が関わっている。

 コロナ禍で明るいニュースが少ないマカオのカジノ業界だが、日本陣営による注目のスロット機『TEKKEN VIDEO SLOT』が大型IR(統合型リゾート)「ウィンパレス」とマカオ半島にあるカジノ施設「カムペックパラダイスカジノ」で今年4月から稼働を開始し、念願のマカオデビューを果たしている。

 同機は世界で高い知名度と人気を誇る3D対戦格闘ゲーム『鉄拳シリーズ』がテーマのビデオスロットで、日本のゲーミング関連機器開発メーカーLT GAME JAPAN株式会社と株式会社バンダイナムコアミューズメントが共同プロジェクトにより開発、製作(ベースはLT GAME JAPANの「RGX-1000」シリーズ)。2018年11月にマカオで開催された国際カジノ見本市「MGSエンターテイメントショー2018」で世界初公開され、同見本市会場内で行われた来場者投票によるスロット機のコンテストで最優秀テーマ賞を獲得し、数多くのメディアに取り上げられるなど、注目を集めた。昨年11月のMGS2019にも継続出展し、2年越しの奮闘の結果、カジノ施設での稼働にこぎつけたかたちだ。

LT GAME JAPANとバンダイナムコアミューズメントが共同で開発、製作した『TEKKEN VIDEO SLOT』(資料)=MGSエンターテイメントショー2018会場にて本紙撮影

 現在、ウィンパレスでは、『TEKKEN ASUKA ver.』2台、『TEKKEN PANDA ver.』2台、『GOD OF THE SEA.』1台、『RANK UP DRAGON』1台の計6台、カムペックパラダイスカジノでは『RANK UP DRAGON』2台、『GOD OF THE SEA』1台の計3台が設置されているとのこと。記者が現場を訪ねた際、精細な映像、臨場感あるサウンド、さらにはパネルにタッチしてバカラの絞りを再現するといったギャンブラーの心を掴む演出も盛り込まれており、スロットコーナーの中でも非常に際立つ存在と感じた。目下、マカオのカジノ施設すべてがニューノーマル下での営業となっており、ゲストの接触感染リスクを軽減するため1台おきの稼働だったことも付け加えておく。

 また、今夏にも米国オクラホマ州のカジノ施設に16台設置する計画が進んでいるとのこと。LT GAME JAPANの木村寿一会長は本紙の取材に対し、「マカオはもちろんのこと、広くアジア市場へ展開していく」と述べた。

 コロナ明けに向け、着々と実績を積み重ねる『鉄拳』スロット機の動向を今後も追いかけて行きたい。

 なお、マカオと中国本土では新型コロナの封じ込めに成果が現れており、中国広東省珠海市居民を対象にしたビザに相当するマカオ渡航許可(個人・団体観光旅行)の発給が8月12日から再開済み。さらに、同月26日から広東省、9月23日から中国本土全域に拡大するとするスケジュールも発表されている。マカオの総インバウンド旅客数に占める中国本土旅客の割合は約7割となっており、マカオのカジノ業界にとって追い風になると期待されている。

『TEKKEN VIDEO SLOT』が稼働を開始したマカオ・コタイ地区の大型IR「ウィンパレス」(資料)=2020年5月本紙撮影

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ政府衛生局は4月23日夜、マカオで「人食いバクテリア」と呼ばれる細菌のひとつ、ビブリオ・バ…
  2.  このほどマカオ政府財政局が公表した最新の財政収支資料によれば、今年(2024年)1〜3月累計の歳…
  3.  今年(2024年)6月23日から7月3日にかけて、マカオでISF(国際学校スポーツ連盟)「ワール…
  4.  マカオ・コタイ地区にある統合型リゾート(IR)グランドリスボアパレス(上葡京)で4月22日、世界…
  5.  マカオの統合型リゾート(IR)運営企業SJMリゾーツ社は4月22日、マカオ特別行政区の成立25周…

ピックアップ記事

  1.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  2.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  3.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  4.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  5.  マカオ国際空港を本拠地とするマカオ航空(NX)が福岡便の運航を(2024年)7月12日から再開す…

注目記事

  1.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  2.  香港国際空港の制限エリア内にある「スカイピア」と港珠澳大橋マカオ側イミグレーション施設との間を港…
  3.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  4.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  5.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年5月号
(vol.131)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun