マカオで中国本土からのインバウンド再開に向けた商店や公共エリアにおける防疫準備進む

 マカオ及び中国本土における新型コロナの封じ込めに一定の成果がみられる状況を受け、8月12日から中国広東省珠海市居民を対象にしたビザに相当するマカオ渡航許可(個人・団体観光旅行)の発給が8月12日から再開となった。

 また、特殊な状況が発生しなければ同月26日から広東省、9月23日から中国本土全域に拡大するとするスケジュールも発表されている。

 珠海市居民を対象にした渡航許可の発給再開後初めての週末を迎えたマカオだが、これまでのところ顕著な旅客の増は確認されていないという。しかし、今後の広東省、そして中国全土への拡大によって、徐々に旅客数が増加すると見込まれる。

 マカオ政府経済局では、中国本土からのインバウンド旅客増加が予想される中、消費者委員会と合同で市内の観光名所周辺の商店に対する衛生当局が定めた新型コロナ防疫ガイドラインの周知徹底を進めているとのこと。

マカオ政府経済局と消費者委員会による新型コロナ防疫ガイドライン周知のための巡回の様子(写真:マカオ政府経済局)

 衛生当局が定めた防疫ガイドラインでは、店舗における拡散リスクを軽減するため、店舗運営側が一定の条件を満たした上で、従業員と顧客に対する検温及び有効な健康コード(直近の滞在歴、新型コロナ患者との接触歴の有無、発熱や咳といった症状の有無、連絡先を入力して生成されるもの)の提示を求めることができるとしているほか、店内でのマスク着用、ソーシャルディスタンス(1メートル)の確保、同時入店人数の抑制、適切な清掃と消毒をするよう規定している。

 また、市政署でもイミグレーション施設周辺、バス停、タクシー乗り場、広場などの公共エリア・施設に対する清掃と消毒を強化して臨んでおり、希釈漂泊液も使用しているとのこと。同署では、状況に応じて清掃・消毒作業の回数を調整するとしている。

マカオ市政署によるイミグレーション施設周辺における清掃・消毒作業の様子(写真:マカオ市政署)

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ政府旅遊局(MGTO)は5月24日、今年(2024年)1〜4月のツーリズム市場に関するレビ…
  2.  マカオ政府環境保護局(DSPA)は5月24日、同局が主催する2023年度「マカオグリーンホテルア…
  3.  マカオの統合型リゾート(IR)ウィンパレス運営会社は5月24日、6月7・8・14・15日に同IR…
  4.  マカオ政府公共建設局(DSOP)は5月24日、マカオLRT(新交通システム)の建設中新線「石排灣…
  5.  澳門海關(マカオ税関)では、違法な運搬活動(いわゆる運び屋行為)に対する取り締まりを継続する中、…

ピックアップ記事

  1.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  2.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  3.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  4.  シンガポール発の国際ラグジュアリーホテルブランド「カペラ」がマカオ初進出することがわかった。カペ…
  5.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…

注目記事

  1.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  2.  マカオ治安警察局は3月5日、東京などからマカオへ向かう航空機内で窃盗を繰り返したとして中国人(中…
  3.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  4.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  5.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年6月号
(vol.132)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun