マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

2020年の対マカオ直接投資は8000億円超の流出…コロナ禍カジノ業不振で

産業・経済2021/10/30 11:30

 マカオ政府統計調査局が10月29日に発表した昨年(2020年)の直接投資統計によれば、同年の海外(中国本土、香港、台湾含む)からマカオへの直接投資は574.8億マカオパタカ(日本円換算:約8116億円)の流出だった。

 流出の主要因はゲーミング(カジノ)企業の不振(赤字)によるもの。同年、コロナ禍インバウンド旅客大幅減により、マカオのカジノ売上は苦戦を余儀なくされた。投資元の所在国・地域別では英領ヴァージン諸島、ケイマン諸島、香港からがいずれも流出となり、流出額はそれぞれ433.8億マカオパタカ(約6125億円)、109.4億マカオパタカ(約1545億円)、75.9億マカオパタカ(約1072億円)。

 2020年末時点までの対マカオ累計直接投資総額は前年から14.5%減の3002.0億マカオパタカ(約4兆2389億円)。投資元の国・地域別では、香港とケイマン諸島の両地からが最大だが、それぞれ5.3%減の840.6億マカオパタカ(約1兆1870億円)、12.9%減の697.4億マカオパタカ(約9847億円)に。また、中国本土と英領ヴァージン諸島からについても、それぞれ0.7%減の587.7億マカオパタカ(約8298億円)、47.6%減の479.4億マカオパタカ(約6769億円)。業種別では、金融業が4.6%増の868.8億マカオパタカ(約1兆2268億円)だった一方、ゲーミング(カジノ)業は30.1%減の1267.7億マカオパタカ(約1兆7900億円)に。

 2020年のマカオ企業による在外直接投資は34.6%増の94.4億マカオパタカ(約1333億円)。中国本土における投資が160.0%増の123.6億マカオパタカ(約1745億円)に上った。2020年末時点までの累計は前年から21.6%増の698.9億マカオパタカ(約9869億円)で、主な投資先は中国本土と香港。中国本土は612.9億マカオパタカ(約8654億円)で、うち広東省が77.6%を占めた。広東省内では横琴が64.6%増の278.6億マカオパタカ(約3934億円)。投資元のマカオにおける業種別では、不動産開発・賃貸販売業が67.0%増の272.7億マカオパタカ(約3851億円)、ホールセール・リテール業が14.2%増の123.6億マカオパタカ(約1745億円)。

 直接投資統計は工業、建設業、ホールセール・リテール業、ホテル・飲食業、運輸・倉庫・通信業、金融業、ゲーミング(カジノ)業、不動産開発・賃貸販売業等に属するマカオ企業が対象で、個人は含まれない。

大型カジノIR(統合型リゾート)が建ち並ぶマカオ・コタイ地区の風景(資料)=2020年7月本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2021年11月24日発刊 (12月号 vol.102」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース