マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオ国際空港、2021年の旅客数は約114万人…対前年2.2%減、貨物は好調

産業・経済2022/01/23 11:06

 マカオの主要な空の玄関口、マカオ国際空港の運営会社にあたるCAMがこのほど公表した資料によれば、昨年第4四半期(2021年10〜12月)の旅客数は17万5179人(延べ、以下同)で、同年第3四半期から40.4%減、前年同時期比でも16.1%減だった。

 また、昨年通期(2021年1〜12月)の旅客数は前年比2.2%減の114万7015人で、2年連続前年割れ。新型コロナウイルス感染症の影響が生じる前の2019年比では実に88.1%の大幅減。

 新型コロナウイルス感染症の流行が始まって以降、各国・地域において水際措置と出入国・境制限が講じられたことを受け、航空業界は長期にわたって低迷を余儀なくされている。マカオ国際空港では、一昨年(2020年)第3四半期以降にマカオと中国本土との間で往来制限の緩和が進んだことを受けて旅客数は回復傾向にあったが、昨年第3四半期以降は中国本土各地における散発的な再流行発生とマカオ域内でも市中感染確認例の出現が続き、都度水際措置の再強化が行われ、空路旅客の動向に影響が生じた。

 今年(2022年)に入って以降も状況は好転しておらず、今後の回復見通しは不明瞭となっている。

 一方、カーゴについては好調。昨年通期の貨物取扱量は前年比45.7%増の4.86万トンで、2010年以来の最高を更新した。

 なお、昨年通期のインバウンド旅客数は前年比30.7%増の770万5943人。全体に占める中国本土旅客の割合は91.4%、また日帰り旅客の割合が52%となっており、隣接する広東省珠海市との陸路の往来が主。

マカオ国際空港(資料)=マカオ・タイパ島―本紙撮影

マカオ国際空港(資料)=マカオ・タイパ島―本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2022年5月25日発刊 (6月号 vol.108」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース