マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオ、2021年のMICEイベント開催件数と参加・入場者数がいずれも対前年増

産業・経済2022/02/25 20:29

 マカオ政府統計調査局は2月25日、昨年第4四半期(2021年10〜12月)及び通期にマカオで開催されたMICE(会議・研修、インセンティブ活動、国際・学術会議、エキジビション)に関する統計を公表。

 昨年第4四半期のMICE開催件数は同年第3四半期から92件増、前年同時期から13件増の163件、参加・入場者数についても同2.2倍、39.5%のそれぞれ増となる71.9万人(延べ、以下同)に上った。

 昨年第4四半期のコンベンション(会議)の開催件数は前年同時期から9件増の140件、参加者数は18.8%減の1.3万人。平均開催期間は0.1日延びて1.0日、使用会場総面積は10.6%減の7.9万平米。

 エキジビションは1件増の20件で、入場者数は41.3%増の70.5万人。このうち民間主催は1件増の14件で、入場者数は21.4%増の41.6万人。平均開催期間は0.2日短い3.2日、使用会場総面積は20.1%増の22.0万平米。

 インセンティブ活動の開催件数は3件、参加者数は565人。平均開催期間は2.3日、使用会場総面積は3823平米。

 昨年第4四半期に開催されたエキジビション主催者の収入は4985万パタカ(日本円換算:約7.2億円)、支出は1.2億パタカ(約17.3億円)。民間主催の14件に限った収入合計は4571万パタカ(約6.6億円)で、ブース賃料が52.9%、政府及びその他機関による補助金が47.1%を占めた。支出合計は4811万パタカ(約6.9億円)で、設営費25.1%、宣伝・PR費が16.6%。エキジビションの収入から支出と政府及びその他機関による補助を除いた収支は2391万パタカ(約3.4億円)のマイナスに。

 エキジビション出展社数は2515で、マカオからが48.3%、中国本土からが42.8%。来訪バイヤーは3.2万人で、マカオからが54.7%、中国本土からが44.4%。934の出展者から回答を得たアンケート調査結果によれば、収入の98.4%が商品販売によるもので、支出の44.2%を設営費、43.7%をブース賃料が占めたという。

 昨年通期では、MICE開催件数が前年から68件増の449件、参加・入場人数が53.2%増の140.1万人。コンベンション(会議)の開催件数は41件増の386件、参加者数は9.0%増の4.3万人。エキジビションは21件増の55件、入場者数は55.0%増の135.6万人。インセンティブ活動は6件増の8件、参加者数は3.1倍増の2468人。

 昨年開催されたエキジビションの収入合計は7697万パタカ(約11.1億円)、支出は1.7億パタカ(約24.5億円)。民間主催による47件のエキジビションの収入合計は7170万パタカ(約10.3億円)で、支出合計の7579万パタカ(約10.9億円)と政府及びその他機関による補助を除いた収支は3024万パタカ(約4.4億円)の赤字だった。ただし、赤字幅は前年から約1割改善した。

マカオ歴史市街地区にあるモンテの砦から望む町並み(資料)=2020年4月本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2022年9月27日発刊 (10月号 vol.112」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース