マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオカジノ運営SJMホールディングスが2022年上期業績発表…赤字幅拡大

カジノ2022/08/03 09:52

 マカオ政府とカジノ経営コンセッションを結ぶ6陣営の一角、SJMホールディングスは8月1日、今年上期(2022年1〜6月)の監査前業績を発表した。

 同社発出資料によれば、同社の今年上期は約27.57億香港ドル(日本円換算:約469億円)の赤字で、赤字幅は前年同期から約88%の拡大となった。

 純収入は24.9%減の約38.11億香港ドル(約649億円)。調整後EBITDAはマイナス約11.76億香港ドル(マイナス約200億円)で、前年同期のマイナス約5.1億香港ドル(マイナス約87億円)からマイナス幅が大きく拡大。

 カジノ売上(Gross Gaming Revenue=GGR)については、VIPが54.78%減の約3.87億香港ドル(約66億円)、マスゲーミング(いわゆる平場)が21.68%減の約34.35億香港ドル(約585億円)、スロットマシン及びその他ゲーミング部門は6.27%減の約2.48億香港ドル(約42億円)で、いずれも振るわず。

 ゼロコロナ政策を堅持するマカオでは、防疫対策として厳格な水際措置が講じられており、インバウンド旅客の回復が進んでおらず、カジノ売上の低迷が続く状況。6月中旬から7月末にかけてはマカオの市中でオミクロンBA.5が流行したため、より強固な防疫措置が講じられた。

写真中央の建物がSJMホールディングスの旗艦カジノ施設「グランドリスボア」(資料)=マカオ、2016年7月本紙撮影

写真中央の建物がSJMホールディングスの旗艦カジノ施設「グランドリスボア」(資料)=マカオ、2016年7月本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2022年11月25日発刊 (12月号 vol.114」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース