香港、約50日ぶり新型コロナ市中感染確認例出現…患者は空港貨物関連従事者の男性、感染経路不明=10/8

(2021/10/08 18:03 配信)

珠江デルタ

 人口約740万人の香港では、昨年(2020年)11月下旬から新型コロナウイルス感染症の流行「第4波」が続いていたが、5月にかけてようやく状況が落ち着き、5月末に終息した。

 6月以降は、上旬に1家族の女性3人の市中感染例、24日と27日にかけて空港での業務に従事する男性1人とその密接接触者の1人、7月2日に検疫用ホテルの清掃作業員の女性1人、11日に空港での業務に従事する男性1人の輸入関連性感染確認例(いずれも当初市中感染例からの変更)、8月5日には建設作業員(感染経路不明、これまで感染確認に至らなかった無症状感染者の再陽性事例)、8月17日に空港ラウンジ職員(感染経路不明、L452R変異株)の市中感染確認があったが、目立ったリバウンドはなく、落ち着いた状況が続いていた。

 香港政府の発表によれば、10月8日午前0時時点集計の単日の新規感染確認数は2人で、内訳は市中事案が1人、輸入性(海外からの入境者)事案が1人だったとのこと。市中感染確認例の出現は実に約50日ぶりとなる。

 市中感染確認された患者は48歳の男性で、香港国際空港の貨物ステーションで貨物の積み下ろしや検査業務に従事し、貨物便の機内へ入り、運航クルーと同じ空間に身を置くことはあったが、直接的な接触はなかったという。空港従事者を対象とした定期ウイルス検査で陽性反応が出たことで感染確認に至ったもの。当初は無症状だったが、入院後に咽頭痛の症状が現れ、ウイルス量が上昇し始めたとのこと。患者は6月と7月に中国科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)製の新型コロナワクチン「CoronaVac」を2回接種済みだった。患者が食事及び休憩のため立ち寄った休憩室に居合わせた約90人が隔離検疫施設へ移送されたほか、患者の住居のあるマンションが局地ロックダウンされ、住民が強制ウイルス検査の対象とされた。これまでに新たな感染確認例は出ていないという。

 輸入性の患者は英国から香港へ到着。4月と5月に香港で独ビオンテック製の新型コロナワクチン(日本でファイザーと呼ばれているもの)を2回接種済みだったとのこと。

 香港における過去14日間(9月24日〜10月7日)累計の新規感染確認は82人で、すべて輸入性事案。ここまでの累計感染確認数は1万2254人(擬似事案1人含む)。

 香港の10月7日午後8時時点のワクチン接種率は67.2%(1回目の接種完了)、63.2%(2回目の接種完了)となっている。累計接種回数は878万5970回、1日あたり接種回数は1万3916回(7日移動平均値1万5603回)。香港ではワクチンが充足している状況で、政府は9月末までに免疫の壁を構築するのに必要とする目標の接種率7割(1回目接種完了)を突破できるとする見通し示していたが、9月以降は接種回数が落ち込む日もあり、ここまで未達成が続いている。香港では約50日にわたって市中感染確認ゼロが続き、安心感が広がっていたことも接種率が伸び悩む要因とみられる。

 香港衛生当局では、近日の輸入性感染確認例のうち、ワクチン接種を完了している患者も少なくないとし、不要不急の外遊(特に高リスク地域)及び外地における不必要な大型集会やイベントへの参加を控えるとともに、外地滞在中はマスクの着用し続け、個人・環境衛生管理に努めるよう呼びかけている。

香港国際空港(資料)-本紙撮影

珠江デルタ

最新ニュースヘッドライン

マカオ新聞公式アカウント

注目ワード

ニューストップ 産業・経済
社会・政治 珠江デルタ
澳日関係 カジノ
観光 その他
表示:モバイル | パソコン
Copyright (c) Age of Discovery News & Publishing Co. Ltd. 2012. All Rights Reserved.
大航海時代新聞出版社有限公司版權所有不得轉載