香港でレジ袋有料化全面実施、対象10万店超に拡大=1枚約7.7円

(2015/04/02 12:44 配信)

珠江デルタ

香港で4月1日、ビニール製のレジ袋有料化が全面実施となった。客がレジ袋を必要とする場合、店舗は1枚あたり0.5香港ドル(日本円換算:約7.7円)を客から徴収する義務が生じる。2009年7月以降約3500店舗で先行導入されてきたが、同日から対象店舗はおよそ10万店超にまで拡大した。

対象となる業種は百貨店、スーパー、コンビニをはじめ、食品・飲料、家電、金物、ファッション、雑貨、クリーニングなど多岐に及ぶ。一方、商品別では未包装の肉、魚、野菜などの生鮮食品、冷凍・冷蔵食品、既成パッケージ商品などが対象外となる。

レジ袋の有料化については、環境保護を目的とした香港特別行政区の法律に基づいて実施されるもの。未徴収などの違反が発覚した場合には、店舗に2000香港ドル(約3万円)の罰金が科せられる。

香港政府環境保護署によると、2009年にレジ袋の有料化を先行実施した結果、レジ袋の配布数が8-9割程度減少したという。

香港を訪れる日本人旅客は年間およそ108万人(のべ、2014年実績)おり、人気観光地の1つとなっている。今後、香港を訪れる際の必須アイテムとしてエコバッグが加わりそうだ。

レジ袋有料化の全面実施に伴い、香港のスーパー店頭に掲示された啓発ポスター(写真:news.gov.hk)

レジ袋有料化の全面実施に伴い、香港のスーパー店頭に掲示された啓発ポスター(写真:news.gov.hk)

珠江デルタ

最新ニュースヘッドライン

マカオ新聞公式アカウント

注目ワード

ニューストップ 産業・経済
社会・政治 珠江デルタ
澳日関係 カジノ
観光 その他
表示:モバイル | パソコン
Copyright (c) Age of Discovery News & Publishing Co. Ltd. 2012. All Rights Reserved.
大航海時代新聞出版社有限公司版權所有不得轉載