マカオの大型IRパリジャン、16年9月開業へ=米LVSアデルソン会長明かす

米カジノリゾート大手ラスベガスサンズグループ傘下でマカオのカジノ経営ライセンスを保有する6陣営の一角、サンズチャイナがマカオ・コタイ地区で開発を進める大型IR(統合型リゾート)「パリジャンマカオ」の開業時期が来年(2016年)9月であることがわかった。

12月18日、サンズチャイナが運営するコタイ地区のIR、サンズコタイセントラルで開催されたセントレジスマカオのオープニングセレモニーの場で、ラスベガスサンズグループのシェルドン・アデルソン会長が明らかにしたもの。同時に、ゲーミング(カジノ)テーブル認可希望台数についても450台であるとコメントした。パリジャンマカオは当初今年(2015年)末の開業予定だったが、マカオのカジノ市場の低迷などを受け、2016年下半期に延期されていた。

パリジャンマカオはフランス・パリをテーマにしたIRで、敷地内に2分の1スケール(約160メートル)のエッフェル塔のレプリカが建つのが特徴的。塔の内部にはレストランや展望台が設けられるとのこと。このほか、およそ3000室のホテル客室、カジノ、ショッピングモール、コンベンション、シアターなどで構成され、ノンゲーミング(非カジノ要素)の充実により大人から子供まで幅広い年齢層が楽しめるリゾートを目指すとしている。プロジェクト総工費は27億米ドル(日本円換算:約3270億円)。

サンズチャイナはマカオ半島でサンズマカオ、コタイ地区でヴェネチアンマカオ、プラザマカオ、サンズコタイセントラルの大型IRを運営しており、パリジャンマカオの開業後、同社のホテル客室数はおよそ1万3千室にも達する見通し。

なお、マカオのカジノ業の低迷が長期化の様相を呈していることについて、アデルソン会長はすでに底打ちしたとの見方を示し、今後、香港とマカオを結ぶ港珠澳大橋の開業(註:2017年開通予定)がマカオ第二空港の開港にも匹敵するプラス効果をもたらすだろうとコメントした。

マカオ・コタイ地区ではIRの建設ラッシュが続いており、来年はパリジャンマカオのほか、米ウィンリゾーツ系のウィンパレス、MGMリゾーツ系のMGMコタイがそれぞれ旗艦施設の開業を予定している。

セントレジスマカオの開幕式典で記者会見に臨むラスベガスサンズグループのシェルドン・アデルソン会長(中央)=12月18日(写真:Sands China Limited)

セントレジスマカオの開幕式典で記者会見に臨むラスベガスサンズグループのシェルドン・アデルソン会長(中央)=12月18日(写真:Sands China Limited)


パリジャンマカオ正面に建つエッフェル塔のレプリカ(資料)=マカオ・コタイ地区、2015年10月撮影

パリジャンマカオ正面に建つエッフェル塔のレプリカ(資料)=マカオ・コタイ地区、2015年10月撮影

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ政府統計・センサス局は6月19日、今年(2024年)4月の飲食業と小売業に関する景気調査結…
  2.  マカオ・コタイ地区にある統合型リゾート(IR)ギャラクシーマカオの運営会社は6月18日、来月(7…
  3.  マカオ司法警察局は6月18日、マカオで被害が確認された特殊詐欺(電話詐欺)事案に絡み、30代の香…
  4.  マカオ治安警察局は6月18日、いわゆる車上荒らしをしたとして40代の中国人(中国本土居民)の男を…
  5.  マカオ半島中区に位置する統合型リゾート(IR)グランドリスボアマカオを運営するSJMリゾーツ社は…

ピックアップ記事

  1.  シンガポール発の国際ラグジュアリーホテルブランド「カペラ」がマカオ初進出することがわかった。カペ…
  2.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  3.  マカオ政府は6月17日、政府がコタイ地区の南東部に位置する約9万4000平米の国有地を活用し、約…
  4.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  5.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…

注目記事

  1.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  2.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  3.  日本も出場した女子バレーボールネーションズリーグ(VNL)予選第2週のマカオ大会が5月28日から…
  4.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  5.  マカオ治安警察局は3月5日、東京などからマカオへ向かう航空機内で窃盗を繰り返したとして中国人(中…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年6月号
(vol.132)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun