マカオ、女子高生と男性教諭の遺体発見…女子高生の自宅から遺書、心中か

 マカオ司法警察局は12月12日午後、マカオ半島北部の新橋エリアにあるペンサオンと呼ばれる簡易宿泊施設の客室内トイレで男女2人の遺体を発見したと発表。身元については、近くにある高校に通う1年生の女子生徒(16)と、同校の男性教諭(35)とのこと。

 遺体発見時、現場には練炭の燃えかすが残っていたという。遺体の着衣は整っており、事件に巻き込まれた形跡はなく、心中を図ったものをみられるが、詳しい死因については司法解剖の結果を待つ必要があるとした。

 同日、女子生徒の両親が女子生徒が書き残したとみられる遺書とともに、娘が行方不明になったと警察署へ相談に訪れたという。その後、警察が天眼(スカイアイ)と呼ばれる公共エリアの監視システムの映像などを活用して女子生徒の足取りを追い、1時間以内に簡易宿泊施設にいることを特定。客室に入ったところ、遺体が見つかったというもの。

 女子生徒の通う高校の校長によれば、男性教諭は同校で13年にわたって教鞭を執っているとのこと。この学校は幼稚園から高校までの一貫教育校で、女性生徒は幼稚園から通っていたという。

マカオ司法警察局(資料)—本紙撮影

マカオ司法警察局(資料)—本紙撮影

関連記事

最近の記事

  1.  マカオ司法警察局は6月2日、中国本土の公安当局と共同で2組のクロスボーダー犯罪グループを摘発した…
  2.  マカオ初となる本格的な軌道系大量輸送機関として、2019年12月にマカオLRT(Light Ra…
  3.  マカオの食品安全行政を管轄する市政署(IAM)は6月1日、同署が定例実施する食品に対する無作為検…
  4.  マカオ航空日本支社によれば、きょう(6月1日)から同社成田路線(マカオ出発便)のビジネスクラスで…
  5.  マカオ政府財政局(DSF)が6月1日に公表した最新統計によれば、今年(2023年)5月前半の住宅…

ピックアップ記事

  1.  このほど、ユネスコ「世界の記憶(記憶遺産)」リストに「マカオ功徳林アーカイブと手稿(1645-1…
  2.  マカオで年に一度開催されるモータースポーツの祭典「マカオグランプリ」。1954年にスタートした歴…
  3.  仏ミシュラン社は4月26日、香港・マカオでも高い知名度と信頼性を誇る人気グルメガイド「ミシュラン…
  4.  マカオ・コタイ地区にあるIR(統合型リゾート)グランドリスボアパレスの運営会社SJMリゾーツは5…
  5.  マカオの統合型リゾート(IR)「ザ・ヴェネチアン・マカオ」運営会社は5月15日、東京発の国際的な…

イベントカレンダー

6月 2023
    1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
« 5月   7月 »

月刊マカオ新聞

2023年6月号
(vol.120)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る