第70回マカオグランプリが11月中旬の2週末連続6日間にわたり開催

 1954年にスタートした歴史あるモータースポーツの祭典、マカオグランプリ(マカオGP)。市街地の一般道路を転用した全長6.2kmの「ギアサーキット」を舞台に毎年11月中旬に開催されている。

 今年(2023年)は70回目の節目を迎えることから、記念大会として11月中旬の2週末連続(11月11〜12日及び16〜19日)6日間にわたって開催されることになっているほか、看板レースの復活もアナウンスされており、本番を間近に控え、期待が高まっている。

「フォーミュラ3(F3)マカオグランプリ – FIA F3ワールドカップ」のイメージ(写真:マカオ政府体育局)

 マカオ政府体育局及び大会組織委員会は10月25日、70回大会の詳細を発表した。

 第1週の2日間(11月11〜12日)に5種、第2週が4日間(11月16〜19日)に6種の計11レースを開催するとのこと。レースの種別は下記の通り。

<第1週>
・マカオフォーミュラ4(F4)レース
・TCRアジアチャレンジ
・マカオロードスポートチャレンジ
・グレーターベイエリアGTカップ(GT4)
・グレーターベイエリアGTカップ(GT3)
<第2週>
・フォーミュラ3(F3)マカオグランプリ – FIA F3ワールドカップ
・マカオGTカップ – FIA GTワールドカップ
・マカオギアレース – クムホTCRワールドツアーイベントオブマカオ
・マカオモーターサイクルグランプリ – 第55回大会
・マカオツーリングカーカップ – チャイナツーリングカーチャンピオンシップ
・マカオグランプリ70周年記念チャレンジ

 「マカオ4大看板レース」とされる「FIA F3グランプリ」、「TCRワールドツアー(WTCR後継)」、「FIA GTワールドカップ」、「マカオモーターサイクルグランプリ」はいずれも2週目の開催となる。マカオモーターサイクルグランプリは前回(69回)大会で復活したが、4大看板レースが出揃うのは実に4年ぶりとなる。

 25日の会見では、FIA(国際自動車連盟)のモハメド・ビン・スライエム会長によるビデオメッセージが放映され、マカオグランプリの70周年を祝うとともに、FIA F3ワールドカップ及びFIA GTワールドカップの向こう3年間のマカオ開催が決定したことが明らかにされた。

「マカオGTカップ – FIA GTワールドカップ」のイメージ(写真:マカオ政府体育局)

 出場選手については、アフターコロナで外地との往来が正常化したことを受け、世界中から実績のある選手や注目の若手選手らの参戦が多数予定されているとした。香港スターの郭富城(アーロン・クォック)さんもレーサーとしてマカオツーリングカーカップへ参戦するという。日本選手は現状最新のエントリーリストでマカオF4レースに小山美姫選手と組田龍司(DRAGON)選手の名前が確認できた。

 マカオ政府体育局長でマカオグランプリ組織委員会コーディネーターを務める潘永権氏によれば、決勝日(11月18・19日)の観戦チケットは8割超の売れ行きとのこと。開催費用(予算)は約2.6億パタカ(日本円換算:約48億円)で、厳格な費用コントロールにより超過は発生しないとの見通しを示した。

マカオグランプリ組織委員会による会見の様子=2023年10月25日、マカオ科学館(写真:マカオ政府体育局)

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ治安警察局は7月16日、マカオ警察総局による指揮の下、マカオの良好な治安環境の保護・維持を…
  2.  マカオ司法警察局は7月15日、カジノ強盗を企図した上、混乱の中でカジノ施設の警備員を負傷させたと…
  3.  マカオ政府旅遊局(MGTO)は7月16日、マカオの今年上半期(2024年1〜6月)のツーリズム市…
  4.  マカオ司法警察局は7月15日、マカオで徒党を組んでスリを行ったとしてインドネシア人のインバウンド…
  5.  マカオ治安警察局は7月15日、マカオでスリによって入手したチケットを転売したとして中国人(中国本…

ピックアップ記事

  1.  シンガポール発の国際ラグジュアリーホテルブランド「カペラ」がマカオ初進出することがわかった。カペ…
  2.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  3.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  4.  マカオ政府は6月17日、政府がコタイ地区の南東部に位置する約9万4000平米の国有地を活用し、約…
  5.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…

注目記事

  1.  マカオ治安警察局は3月5日、東京などからマカオへ向かう航空機内で窃盗を繰り返したとして中国人(中…
  2.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  3.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  4.  日本も出場した女子バレーボールネーションズリーグ(VNL)予選第2週のマカオ大会が5月28日から…
  5.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年7月号
(vol.133)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun