マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

香港旅行代理店各社、韓国行きツアー催行中止を7月末まで延長=MERS沈静化メド立たず

珠江デルタ2015/07/02 16:53

韓国におけるMERS(中東呼吸器症候群)の感染拡大を受け、香港政府保安局は6月9日、韓国を対象とした赤色渡航警告(定義:脅威の存在が明確)を出し、韓国への不要不急の渡航を自粛するよう呼びかけている。

韓国では7月1日に5日ぶりの新規MERS感染者がみつかった。また、同日時点でおよそ2200人が隔離措置の対象となっているなど、沈静化のメドは立っていない状況だ。

香港の旅行代理店各社では、すでに6月9日から7月15日までの韓国を目的地とするツアーの催行中止を決定し、申し込み客に対するキャンセルや日程変更(延期)を受け付けている。

マカオの政府系放送局TDMが7月2日午後のラジオニュースで報じた内容によると、香港の大半の旅行代理店は、韓国行きパッケージツアーの催行中止を7月末まで延長することを決定したという。香港旅行業議会では、今回の延長に伴い、およそ100団体、1600人の旅客が影響を受ける見込みとのこと。

また、マカオの旅行代理店各社についても7月末までの韓国を目的地としたパッケージツアーの催行中止を決定しており、一部の会社では8月についても催行しない方針という。

韓国・ソウルの繁華街、明洞(ミョンドン)地区の町並み(資料)=2010年—本紙撮影

韓国・ソウルの繁華街、明洞(ミョンドン)地区の町並み(資料)=2010年—本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2019年 7月24日発刊 (8月号 vol.074」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース