マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

11月の通貨供給量、上昇継続

産業・経済2013/01/04 13:13

マカオ政府金融管理局は4日、11月の通貨供給量(廣義貨幣供應量)が継続して上昇を維持、貯蓄総額の伸長速度が融資総額と比較して早いことから、総体銀行預貸率は前月と比較して下落傾向にあると発表した。

【マネーサプライ】
通貨供給は2.8%上昇、通知預金は1.0%の下落。M1は前月比0.4%減、同時に準通貨負債が3.3%の上昇となり、通貨供給量M2が前月比2.8%増の3,703億パタカ(約3兆7千億円)となった。通貨ストラクチャーについては、M2に占めるマカオパタカの比重は24.4%で前月比、前年比それぞれ0.5%、0.6%の減、香港ドルの比重は55.1%で、前月比0.9%減、前年比0.2%増。

【預金】
マカオ居民による預金は前月から2.8%増え、3,627億パタカ。通貨別ではマカオパタカ0.7%、香港ドル1.3%、その他通貨が10.1%とそれぞれ増加。非マカオ居民による預金は前月から5.8%増加し、1,312億パタカ。公共部門の銀行システムへの預金は0.1%の微減で、421億パタカに。これらを総合して計算した銀行システムの預金総額は前月比3.3%増の5,361億パタカとなった。マカオパタカと香港ドルの比重はそれぞれ20.4%と46.6%。

【融資】
地元個人部門への融資は前月比3.5%増の1,960億パタカ。マカオパタカと香港ドルの比率はそれぞれ30.5%と61.2%で、金額ベースでは598億パタカと1,199億パタカ。対外部門への融資は前月比0.2%増の2,125億パタカ。マカオパタカと香港ドルの比率はそれぞれ0.9%と24.9%で、金額ベースでは19億パタカと530億パタカ。

【預貸率】
地元個人部門への融資増がマカオ居民による預金を上回るスピードだったことから、銀行の地元市民に対する預貸率は11月末時点で前月末と比較して0.4%増の48.4%に。非マカオ居民含む総体預貸率は1.2%減の76.2%。

1パタカ硬貨(マカオ政府金融管理局ホームページより)

1パタカ硬貨(マカオ政府金融管理局ホームページより)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2019年 6月24日発刊 (7月号 vol.073」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース