マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオ政府、SJMとMGMとのカジノ経営権契約期間を延長…満期日は他の4陣営と同じ2022年6月26日に揃う

カジノ2019/03/15 15:18

世界一のカジノ売上を誇る都市、マカオ。現在、コンセッション(カジノ経営権契約)を結ぶ6陣営がおよそ40のカジノ施設を運営している。

契約満期日は、リスボアブランドのカジノ施設で知られる「SJM(澳門博彩)」及びそのサブコンセッションとなる「MGMグランドパラダイス(美高梅金殿超濠)」の2陣営の契約満期日が2020年3月31日、残る4陣営については2022年6月26日となっていた。

マカオ政府広報官事務所は3月15日午前、SJMとMGMから申請のあった2022年6月26日までの契約期間延長申請を許可したと発表。マカオのカジノ経営法では、契約期間が20年以下の場合、政府は満期日の遅くとも6ヶ月前までに1回または複数回の延長を認可することができると規定されている。

マカオ政府は2陣営の契約延長を認可した理由として、他の4陣営と満期日を揃えることで、次の契約更新に向けた準備の統一化を図ることができ、社会の安定にも寄与することを挙げた。

なお、契約延長にあたって、2陣営はマカオ政府にそれぞれ2億マカオパタカ(約28億円)ずつを支払うとのこと。

契約期間延長に関する書類に署名するSJMの幹部(左の2人)と崔世安マカオ特別行政区業長官(右)=2019年3月15日(写真:GCS)

契約期間延長に関する書類に署名するSJMの幹部(左の2人)と崔世安マカオ特別行政区業長官(右)=2019年3月15日(写真:GCS)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2019年 8月26日発刊 (9月号 vol.075」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース