マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオ国際旅行博開幕…ジャパンパビリオン大規模展開で訪日客呼び込みへ

澳日関係2019/04/26 18:26

第7回マカオ国際観光(産業)エキスポ(MITE)が4月26日に開幕した。マカオ特別行政区旅遊局(MGTO)が主催する年間最大の国際旅行博で、会場はコタイ地区のIR(統合型リゾート)ヴェネチアンマカオのコタイエキスポホール。会期は28日までの3日間で、初日の26日がトレードデー、土日にあたる27、28日がパブリックオープンデーとなる。

主催者発表によれば、今回のエキジビション会場面積は前回(2018年)の2倍となる2万2000平米、日本を含む世界53の国と地域から452の出展者(標準ブース換算で835コマ)が集まり、いずれも過去最大とのこと。

日本については、日本政府観光局(JNTO)と在香港日本国総領事館が広い会場内でもひときわ目立つサイズ(面積360平米)のジャパンパビリオンを展開。JNTOのほか栃木県、長野県、鳥取県、福岡県、佐賀県、長崎県、宮崎県、鹿児島県から自治体、観光協会、観光スポット及びアトラクション、ホテルなど21の出展者が一堂に会し、訪日観光に関する最新情報の提供や各地の特産品の試食、試飲などが行われるという。

ジャパンパビリオンにはステージも設けられており、パブリックオープンデーに熊本県PRマスコットキャラクターのくまモンが登場するインタラクティブイベント、香港の日本舞踊団・若柳流「香の会」による日本伝統舞踊のパフォーマンス、福岡県八女市観光大使による三味線演奏、訪日旅行だけでなく日本文化にも造詣の深い香港の旅行作家・コラムニスト、林慧美(メイ・ラム)さんによるトークショーといったプログラムが予定されている。

昨今、マカオでも訪日旅行ブームが続いている。会場には旅行社や航空会社も多数出展し、各所で訪日パッケージツアーや日本路線に関するプロモーションが行われており、ジャパンパビリオンとの相乗効果も期待できそうだ。

第7回マカオ国際観光(産業)エキスポ会場内に展開するジャパンパビリオンの一角=2019年4月26日-本紙撮影

第7回マカオ国際観光(産業)エキスポ会場内に展開するジャパンパビリオンの一角=2019年4月26日-本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2019年 6月24日発刊 (7月号 vol.073」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース