マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオ、英国テーマの新IR「ザ・ロンドナー・マカオ」第1フェーズが開幕…投資額約2000億円

観光2021/02/09 08:38

 マカオのIR(統合型リゾート)運営大手のサンズチャイナ社は2月8日午後、コタイ地区で開発を進める「英国」をテーマにした新IR施設「ザ・ロンドナー・マカオ」の第1フェーズ開幕式を開催した。

 ザ・ロンドナー・マカオは2012年にオープンしたIR「サンズコタイセントラル」の大規模リノベーション及び一部拡張によるテーマ型IRへのリブランドプロジェクト。サンズチャイナの王英偉(ウィルフレッド・ウォン)社長によれば、工期は約3年、投資額は約152億マカオパタカ(日本円換算:約2000億円)に上るとのこと。年末にかけて全面開業を予定しているとし、マカオの新たなランドマークなるだろうと自信を示した。

新IR「ザ・ロンドナー・マカオ」第1フェーズ開幕式の様子=2021年2月8日(写真:Sands China Limited)

 ロンドナーマカオには大型シアター、ショッピングモール、600室規模の「ザ・ロンドナー・ホテル」(旧ホリデイイン・マカオ・コタイセントラルを全面リニューアル)が入るほか、英国をイメージした新レストランやアトリウム、インタラクティブ型のアトラクションなども用意され、全館で英国ムードを体感できるとしている。

 ザ・ロンドナー・ホテルの目玉施設として、サンズリゾートマカオのブランドアンバサダーを務める元サッカーイングランド代表選手のデビッド・ベッカム氏がプロデュースを手がける「デビッド・ベッカム・スイート」(14室)が挙げられる。有名人がプロデュースするスイートルームはマカオ初という。

 サンズチャイナ社はコタイ地区でテーマ型IRの「ザ・ヴェネチアン・マカオ」及び「ザ・パリジャン・マカオ」を運営。いずれも好評を博しており、ザ・ロンドナー・マカオとの間も通路で直結していることから、新IRのオープンで相乗効果も期待される。

新IR「ザ・ロンドナー・マカオ」外観イメージ(写真:Sands China Limited)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2021年2月24日発刊 (3月号 vol.093」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース