マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオ、独ビオンテック製新型コロナワクチンの接種を約2週間ぶり再開へ

社会・政治2021/04/03 09:25

 マカオでは、2月9日から新型コロナワクチンの接種がスタート。すでに接種対象は全マカオ居民(マカオ居民IDカード保有者)及びマカオで就労する海外労働者、マカオの学校に通う非居民の学生らへも拡大されている。

 現在、マカオで使われているワクチンは中国医薬集団(シノファーム)製の不活化ワクチン(中国製)と中国の復星医薬が代理となるドイツ・ビオンテック製のmRNAワクチン「Comirnaty」(欧州製)の2種。接種希望者は2つのワクチンの中から自由に選択することができる。

 しかしながら、3月24日にマカオに供給された10万回分の独ビオンテック製ワクチンのうち複数ボトルにおいてパッケージの一部(キャップ部)に瑕疵が見つかったことから、同日から接種が一時中止となり、代理店及びメーカーによる調査が進められてきた。

 マカオ政府衛生局(SSM)は4月2日、独ビオンテック社から新たに1万9500回分のワクチンが同日にもドイツから香港経由でマカオに到着するとし、3日正午から接種予約、5日から接種をそれぞれ再開すると発表。接種中止期間中に予約をしていた人については、再度予約を取り直す必要があるとのこと。

 SSMによれば、今回マカオへ供給されるワクチンについては、前回瑕疵が発生したものと別の工場で製造されたもので、複数回に及ぶ気圧テストに合格したという。

 なお、代理店及びメーカーからSSMに届いた中間報告書では、キャップ部に瑕疵が発生した根本原因については、金属製のキャップを圧着する工程で不備があったためとのこと。ワクチンは超低温で保管されていたこともあり、様々な検査の結果、安全リスクの存在は確認されなかったとされたとし、接種済みの市民に対して心配する必要はないと呼びかけた。

ビオンテック製のmRNAワクチンの接種を受けるマカオ居民=2021年3月3日(写真:マカオ政府新型コロナウイルス感染症対策センター)

 マカオ政府新型コロナウイルス対策センターが4月2日夕方発表した資料によれば、同日午後4時までに接種予約を済ませた人は延べ9万7682人おり、このうちすでに接種を受けた人は5万3626人とのこと。参考までに、マカオの人口は約69.3万人。

 なお、マカオではワクチン接種は希望者のみを対象としている。費用はマカオ居民、マカオで就労する海外労働者、マカオの学校に通う学生は無償、その他は1回あたり250マカオパタカ(日本円換算:約3400円)となる。政府はポルトガル系のフィデリダーデ・マカオ社と不良副反応・副作用に関する保険契約も締結済みで、保障期間は接種後90日間、補償額は1人あたり最大100万マカオパタカ(約1360万円)とのこと。

 ここまでのマカオにおける新型コロナの感染確認数は累計48人。内訳は域外からの輸入性が46人、輸入関連性事案が2人。市中感染例は4月2日まで369日連続ゼロを維持しており、封じ込めに成功している状況。院内感染、死亡例についてもゼロ。

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2021年3月23日発刊 (4月号 vol.094」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース