中国当局の追跡受けた不審なモーターボートがマカオ海域へ侵入後にビーチへ強行上陸…前月にも同様の事案

(2021/08/15 18:41 配信)

社会・政治

 8月15日、マカオ・コロアン島のチョクワンビーチにモーターボートが強行上陸し、乗船していた男4人が逃走する事件が発生した。

 澳門海關(マカオ税関)によれば、同日午前、海域スマート監視システムがマカオ海域にあたるコロアン島のチョクワンビーチ沖を高速航行する不審なモーターボート1艘を発見したことを受けて高速巡視艇で追跡を開始するとともに、陸上から巡視員とドローン小隊がサポートのため現場へ向かったとのこと。また、このモーターボートが広東省珠海海警の追跡を振り切って逃走を図っていたことが判明したという。

 その後、税関巡視員がチョクワンビーチに到着した際、強行上陸したモーターボートを発見し、現場から男4人が逃走したのを確認。即座に治安警察局へ連絡し、反密航連携メカニズムの発動によって両局が合同捜索に着手した。最終的に税関巡視員がビーチ付近で逃走を図った男4人の身柄拘束に成功したとのこと。

マカオ・コロアン島のチョクワンビーチに強行上陸したモーターボート(写真:澳門海關)

 目下、マカオでは新型コロナの域外からの流入防止のため厳格な水際措置が講じられており、強行上陸後に逃走を図った4人についても防疫指針に基づき検温と防護措置を講じた上で移送が行われたという。

 チョクワンビーチでは、前月にも珠海及びマカオ当局の追跡を受けた密航ボートが強行上陸する事件が発生している。

マカオのビーチへ強行上陸後に逃走を図った末に身柄を拘束された男4人(写真:澳門海關)

社会・政治

最新ニュースヘッドライン

マカオ新聞公式アカウント

注目ワード

ニューストップ 産業・経済
社会・政治 珠江デルタ
澳日関係 カジノ
観光 その他
表示:モバイル | パソコン
Copyright (c) Age of Discovery News & Publishing Co. Ltd. 2012. All Rights Reserved.
大航海時代新聞出版社有限公司版權所有不得轉載