マカオの投資家、日本の不動産に熱視線=割安感と高利回り期待で

昨今、マカオで日本の不動産投資に対する注目が高まっているという。

マカオの日刊英字経済紙マカオビジネスデイリーが報じた記事によると、日本の物件を取り扱うマカオの不動産業者、Jプロパティ・マカオのセールス&オペレーション・ダイレクター、エディー・リョン氏は同紙の取材に対し、「日本の不動産市場は20年にも及ぶ停滞期から復調したばかりで非常に魅力的だ」とコメント。また、グレーテスト・プロパティのリージョナル・ダイレクター、アミーゴ・レイ氏も「家賃収入で8〜10%のリターンを期待できる」と語るなど、割安感がある上、高い利回りが期待できるというのがその理由のようだ。

マカオの不動産マーケットは昨年(2014年)下半期から続くカジノ経済の低迷長期化などの影響を受け、硬直状態が続いている。同時に、マカオの1平米あたりの住宅不動産価格は、5年前の2010年8月に2万9220パタカ(日本円換算:約44万円)だったものが、今年8月には2.9倍となる8万4087パタカ(約127万円)にまで高騰しており、経済の先行きが不透明な中、手が出しにくいタイミングとされる。一方、マカオの通貨、マカオパタカは米ドルと為替レートが連動していることから、近年の円安により日本円に対して有利な状況にあり、より金額面での参入ハードルが低く、かつ成長が見込める日本の不動産に注目が集まっているものとみられる。

東京の町並み(イメージ)—本紙撮影

東京の町並み(イメージ)—本紙撮影

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ政府とカジノ経営コンセッションを締結する6陣営の一角にあたるSJMホールディングス社(香港…
  2.  マカオ治安警察局は5月20日、マカオのホテル客室宿泊券を転売して客から金銭を騙し取ったとして40…
  3.  近年、マカオ政府文化局(ICM)では、先人の知識と知恵を広く伝え、文化交流の促進につなげたるため…
  4.  マカオ政府統計・センサス局は5月21日、今年第1四半期(2024年1〜3月)の金融業人材需給及び…
  5.  マカオ政府民航局(AACM)は5月21日、前夜マカオ外港フェリーターミナル併設のヘリポートで危機…

ピックアップ記事

  1.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  2.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  3.  シンガポール発の国際ラグジュアリーホテルブランド「カペラ」がマカオ初進出することがわかった。カペ…
  4.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  5.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…

注目記事

  1.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  2.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  3.  マカオ治安警察局は3月5日、東京などからマカオへ向かう航空機内で窃盗を繰り返したとして中国人(中…
  4.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  5.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年5月号
(vol.131)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun