2016年版「アジアのベストレストラン50」発表=マカオから1軒ランクイン

タイ・バンコクのWホテルで2月29日夜、2016年最新版の「アジアのベストレストラン50」が発表され、受賞店のシェフらが一堂に会する華やかな授賞式が開催された。

「アジアのベストレストラン50」の発表は今年で4回目。アジア各地の料理評論家、シェフ、レストランオーナーといった多数のレストラン業界の専門家らの投票によってランク付けが行われるもの。

ランキング1位は2年連続でタイ・バンコクのインド料理レストラン「ガガン」、2位は3年連続で東京・青山一丁目の「NARISAWA」となった。

マカオからはカジノリゾートホテル「グランドリスボア」最上階にあるフランス料理店「ロブション・オ・ドーム」が前年から12ランクダウンの35位で唯一のランクイン。

国・地域別のランキング入りレストラン数では、日本とシンガポールの各10軒で最も多く、次いで香港の9軒の順。

2016年「アジアのベストレストラン50」授賞式に集まったシェフたち=2月29日、タイ・バンコク(写真:Asia’s 50 Best Restaurants)

2016年「アジアのベストレストラン50」授賞式に集まったシェフたち=2月29日、タイ・バンコク(写真:Asia’s 50 Best Restaurants)

【資料】2016年「アジアのベストレストラン50」ランキング
1位(前回1位):ガガン(タイ・バンコク)
2位(前回2位):NARISAWA(東京・青山一丁目)
3位(前回5位):レストランアンドレ(シンガポール)
4位(前回6位):アンバー(香港)
5位(前回4位):日本料理 龍吟(東京・六本木)
6位(前回9位):ワクギン(シンガポール)
7位(前回3位):ウルトラバイオレット(香港)
8位(前回7位):ナーム(タイ・バンコク)
9位(前回22位):インディアン・アクセント(インド・ニューデリー)
10位(前回20位):龍景軒(香港)
11位(前回14位):ハジメ(大阪・肥後橋)
12位(前回13位):レザミ(シンガポール)
13位(前回8位):オットエメッツォボンバーナ(香港)
14位(前回30位):バーント・エンズ(シンガポール)
15位(初登場):ミングルズ(韓国・ソウル)
16位(前回12位):レフェルヴェソンス(東京・表参道)
17位(初登場):コーナーハウス(シンガポール)
18位(前回19位):福和慧(中国・上海)
19位(前回39位):イッサヤサイアミーズクラブ(タイ・バンコク)
20位(前回49位):カンテサンス(東京・北品川)
21位(前回32位):Shinji By Kanesaka(シンガポール)
22位(前回10位):JUNGSIK(韓国・ソウル)
23位(前回25位):イートミー(タイ・バンコク)
24位(前回33位):TAKAZAWA(東京・赤坂)
25位(前回43位):ミニストリーオブクラブ(スリランカ・コロンボ)
26位(前回40位):鮨さいとう(東京・溜池山王)
27位(前回35位):ザ・チェアマン(香港)
28位(前回21位):ミスター&ミセスバンド(中国・上海)
29位(前回11位):ジャーン(シンガポール)
30位(前回26位):ル・ムー(台湾・台中)
31位(初登場):ラ メゾン ドゥ ラ ナチュール ゴウ(福岡・西中洲)
31位(前回36位):ティップリングクラブ(シンガポール)
33位(前回24位):天空龍吟(香港)
34位(前回15位):福臨門(香港)
35位(前回23位):ロブション・オ・ドーム(マカオ)
36位(前回18位):イギーズ(シンガポール)
37位(初登場):傳(東京・神保町)
38位(初登場):ワイルド・ロケット(シンガポール)
39位(初登場):ギャラリー・ヴァスク(フィリピン・マニラ)
40位(前回17位):アトリエ・ドゥ・ジュエル・ロブション(香港)
41位(前回28位):ボーイノベーション(香港)
42位(初登場):菊乃井本店(京都・東山)
43位(前回50位):キュイジーヌ・ワット・ダムナック(カンボジア・シェムリアプ)
44位(前回29位):Wasabi by Morimoto(インド・ムンバイ)
45位(前回41位):ブカラ(インド・ニューデリー)
46位(初登場):ロウ(台湾・台北)
47位(前回31位):日本ばし(スリランカ・コロンボ)
48位(初登場):Ta Vie(香港)
49位(初登場):ロカヴォール(インドネシア・バリ)
50位(前回38位):ラヨン(韓国・ソウル)

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ政府統計・センサス局は7月19日、今年(2024年)5月の飲食業と小売業に関する景気調査結…
  2.  マカオ金融管理局(AMCM)は7月18日、今年上半期(2024年1〜6月)のマカオのモバイル決済…
  3.  マカオ治安警察局は7月20日、マカオ警察総局による指揮の下、マカオの良好な治安環境の保護・維持を…
  4.  マカオ司法警察局は7月18日、車上荒らしで高級腕時計を盗み質入れしたとして20代のマカオ人の男を…
  5.  マカオ政府統計・センサス局(DSEC)は7月19日、今年(2024年)6月及び上半期(1〜6月)…

ピックアップ記事

  1.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  2.  マカオ政府は6月17日、政府がコタイ地区の南東部に位置する約9万4000平米の国有地を活用し、約…
  3.  シンガポール発の国際ラグジュアリーホテルブランド「カペラ」がマカオ初進出することがわかった。カペ…
  4.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  5.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…

注目記事

  1.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  2.  日本も出場した女子バレーボールネーションズリーグ(VNL)予選第2週のマカオ大会が5月28日から…
  3.  マカオ治安警察局は3月5日、東京などからマカオへ向かう航空機内で窃盗を繰り返したとして中国人(中…
  4.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  5.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年7月号
(vol.133)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun