マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

米カジノ大手ウィンリゾーツ会長、日本カジノ市場へ高い関心示す=マカオ大特別講義で

産業・経済2014/09/24 08:50

米ウィンリゾーツ社のスティーブ・ウィン会長兼最高経営責任者は9月23日、マカオ大学経営管理学部の特別講義で教壇に立ち、学生らへ企業経営哲学を語るとともに、アジアのカジノマーケット、中でも日本市場に対する高い関心があることを明かした。

ウィン氏によると、ウィンリゾーツグループとして日本市場にたいへん高い関心を抱いているとしながら、まずは日本がカジノマーケットの開放を正式決定し、条件を明らかにすることが必要との認識を示した。詳細が明らかになっていない現段階では、具体的な投資額などを公にすることはできないとのこと。今後、マカオ、シンガポール、日本がアジアで最も重要なマーケットとなり、ビジネスチャンスに満ちているとし、これらの地域を拠点をビジネスを展開していきたいという。

今後十年については、マカオと横琴新区が世界で最も注目を集めるとした。ウィンリゾーツ社は現在横琴新区で具体的な投資案件がないが、今後方針を転換することもあり得るという。

なお、自身の企業経営哲学として、企業経営成功の秘訣は、いかに従業員の満足度を高められるかだとした。企業の一員であるという自覚を持ち、積極的に仕事に取り組むようになるというもの。

9月23日にマカオ大学で特別講義を行ったウィンリゾーツ社のスティーブ・ウィン会長兼最高経営責任者(写真:澳門大學)

9月23日にマカオ大学で特別講義を行ったウィンリゾーツ社のスティーブ・ウィン会長兼最高経営責任者(写真:澳門大學)

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2019年 8月26日発刊 (9月号 vol.075」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース