台風13号で被災のマカオ、急性胃腸炎患者が例年より増加…停電や断水など影響か=当局が衛生上の注意呼びかけ

台風13号(国際名:ハト)が8月23日午前から午後にかけてマカオへ襲来。人的、物的にも甚大な被害をもたらした。市街地の広い範囲で長時間にわたって停電と断水も続いた。

マカオ政府衛生局(SSM)は9月3日にプレスリリースを発出し、被災後の伝染病リスクが完全になくなったわけではなく、市内各所で防疫作業を継続しているとした上、市民に対して個人衛生に留意するほか、環境衛生ガイドライン及び食品衛生ガイドラインを遵守するよう呼びかけた。

SSMによれば、被災後、近日マカオで感染確認が相次いでいたデング熱についての新たな感染例はなく、インフルエンザ患者も増えていないが、胃腸炎については例年より多い状態にあるとのこと。救急外来のある2つの大型総合病院(仁伯爵綜合醫院、鏡湖醫院)における1日あたりの急性胃腸炎患者数は例年が40〜105人だが、被災後の8月28日〜31日は204〜253人に上った。いずれも散発性のもので、症状は軽く、患者の年齢層は青年、壮年が中心という。

SSMでは、被災後に胃腸炎患者が増加した原因について、1)断水によって水の供給が制限されたことに伴い、頻繁に手を洗うことができなくなるなどの個人衛生条件の悪化、2)調理場所や器具の洗浄や消毒の未徹底による汚染、3)停電等によって食品及び食材を安全な温度で保管できなかった、4)浸水エリアのマンションにおいて貯水タンクの洗浄をしていないか未徹底、あるいは消防用タンクの水の使用、5)精神的疲労や緊張による免疫力低下や機能性の下痢を挙げた。目下、SSM及び食品衛生を管轄する民政総署(IACM)が正確な原因の調査を行なっているとのこと。

台風13号の襲来により浄水場の機能が停止したことを受け、マカオの広い範囲で長期間にわたって断水が続き、市内各所に給水車が出動した。現在では水の供給はほぼ回復している(資料)=2017年8月26日(写真:GCS)

台風13号の襲来により浄水場の機能が停止したことを受け、マカオの広い範囲で長期間にわたって断水が続き、市内各所に給水車が出動した。現在では水の供給はほぼ回復している(資料)=2017年8月26日(写真:GCS)


浸水あるいは停電の影響を受けた飲食事業者を巡回し、安全が確保された食品を提供するよう注意を呼びかけるIACMの職員=2017年9月1日(写真:IACM)

浸水あるいは停電の影響を受けた飲食事業者を巡回し、安全が確保された食品を提供するよう注意を呼びかけるIACMの職員=2017年9月1日(写真:IACM)

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ治安警察局は7月16日、マカオ警察総局による指揮の下、マカオの良好な治安環境の保護・維持を…
  2.  マカオ司法警察局は7月15日、カジノ強盗を企図した上、混乱の中でカジノ施設の警備員を負傷させたと…
  3.  マカオ政府旅遊局(MGTO)は7月16日、マカオの今年上半期(2024年1〜6月)のツーリズム市…
  4.  マカオ司法警察局は7月15日、マカオで徒党を組んでスリを行ったとしてインドネシア人のインバウンド…
  5.  マカオ治安警察局は7月15日、マカオでスリによって入手したチケットを転売したとして中国人(中国本…

ピックアップ記事

  1.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  2.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  3.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  4.  マカオ政府は6月17日、政府がコタイ地区の南東部に位置する約9万4000平米の国有地を活用し、約…
  5.  シンガポール発の国際ラグジュアリーホテルブランド「カペラ」がマカオ初進出することがわかった。カペ…

注目記事

  1.  マカオ治安警察局は3月5日、東京などからマカオへ向かう航空機内で窃盗を繰り返したとして中国人(中…
  2.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  3.  日本も出場した女子バレーボールネーションズリーグ(VNL)予選第2週のマカオ大会が5月28日から…
  4.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  5.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年7月号
(vol.133)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun