マカオ、司法警察局と検察院に連続放火の男逮捕

 マカオ司法警察局は1月15日、同月14日にマカオ半島新口岸エリア所在の同局本部ビル及び検察院ビルに連続放火をしたとしてマカオ人の70歳の男を逮捕したと発表。

 同局によれば、14日午後2時25分、同局本部ビル正面にある車道に停めていた警察車両の横で可燃性の液体を含ませた紙が燃えているのが見つかり、すぐに消し止めたとのこと。また、同日午後3時06分、徒歩数分の距離に位置する検察院から門外で放火があり、警備員が消し止めたが、シャッターやフロア部などが焦げ、現場に可燃性の液体とタオルが遺留されていたとの通報が寄せられたという。

検察院ビルの現場の様子(写真:マカオ司法警察局)

 これを受け、同局が多数の捜査員を動員して捜査にあたり、まもなく被疑者の身元と足取りを特定。同日午後3時40分にマカオ半島北部の關閘エリアにあるバス停で身柄の確保に成功。この際、男は可燃性の液体を所持していたとのこと。

 被疑者は同局の調べに対し、昨年(2023年)に投資詐欺の被害に遭ったが、捜査の結果に不満があったことが動機で、長期間かけて準備をした上、警備が手薄な日曜日を狙って実行し、当日は治安警察局第二警司処、税関本部、行政長官オフィスにも放火するつもりだったなどと供述。このほか、可燃性の液体は当日、マカオ半島十月初五日街にある小売店と友誼大馬路にあるガソリンスタンドで可燃性の液体を購入していたことも判明したという。同局では被疑者を放火罪で検察院送致する方針とした。

マカオ司法警察局が公開した証拠品(写真:マカオ司法警察局)

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ半島北部に位置する公設市場で、建物外観の色から「紅街市(レッドマーケット)」の通称で知られ…
  2.  マカオ司法警察局は5月29日、特殊詐欺(電話詐欺)の実行役としてマカオを訪れ、マカオの高齢者4人…
  3.  マカオで複数の統合型リゾート(IR)を運営するSJMリゾーツ社は5月29日、傘下のIR施設に入る…
  4.  マカオは長く本格的な鉄道が存在しなかったが、2019年12月に新交通システム「マカオLRT」タイ…
  5.  マカオ政府旅遊局(MGTO)は5月28日、このほど中国旅遊研究院がWeChatの公式アカウントへ…

ピックアップ記事

  1.  シンガポール発の国際ラグジュアリーホテルブランド「カペラ」がマカオ初進出することがわかった。カペ…
  2.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  3.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  4.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  5.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…

注目記事

  1.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  2.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  3.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  4.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  5.  マカオ治安警察局は3月5日、東京などからマカオへ向かう航空機内で窃盗を繰り返したとして中国人(中…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年6月号
(vol.132)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun