マカオニュース画像

  • 産業・経済
  • 社会・政治
  • 珠江デルタ
  • 澳日関係
  • 科学・環境
  • 生活
  • スポーツ

マカオと中国本土の主要な陸路の玄関口「關閘」の通関時間が正常化…新型コロナの流行緩和受け

珠江デルタ2020/05/02 19:37

 澳門海關(マカオ税関)は5月2日、マカオおよび周辺地域における新型コロナウイルス感染症(COVID-19)流行状況が緩和したことを受け、通関時間を短縮していたマカオと中国・珠海市拱北地区との主要な陸路の玄関口となる、マカオ半島北部の關閘イミグレーション(通称:ボーダーゲート)及び港珠澳大橋マカオ側イミグレーションの一部について、3日から正常化すると発表。

 關閘は旅客、車両とも通関が午前6時から翌午前1時まで、港珠澳大橋マカオ側イミグレーションのマカオ〜珠海ルートの旅客の通関が午前8時から午後10時まで、車両については24時間通関にそれぞれ戻る。

 なお、港珠澳大橋マカオ側イミグレーションのマカオ〜香港ルートについては、午前10時から午後8時までの短縮された状態が続く。

 通関時間の正常化後も一部の例外(新型コロナウイルス検査陰性証明を取得済みの越境通学生など)を除いて入境制限は基本的に維持される。

中国本土とマカオの主要出入口となる關閘イミグレーション(資料)―本紙撮影

中国本土とマカオの主要出入口となる關閘イミグレーション(資料)―本紙撮影

関連コンテンツ

特集・コラム

>> 続きを読む

>> その他の記事

最新のマカオ新聞

2020年7月24日発刊 (8月号 vol.086」) マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

写真ニュース