マカオ警察が旧正月前後の警戒取り締まりスタート

マカオでは、2月5日に春節(旧正月)を迎える。例年、旧正月シーズンには多くの観光客がマカオを訪れ、観光名所周辺を中心に多くの人出で賑わう。一方で、犯罪を機会と捉える不法分子も存在することから、マカオ警察は毎年この時期に警戒を強化して臨んでいる。

マカオ警察総局は1月15日、同日から日本の歳末警戒取り締まりにあたる「冬防行動2019」の展開をスタートしたと発表。警察総局の総指揮の下、治安警察局と司法警察局、さらに税関が初参加し、多方面の安全上の問題及び違法行為の予防と撲滅を図るとした。

予防については、警察側から地域コミュニティへ積極的にアプローチし、窃盗、空き巣、詐欺、麻薬といった犯罪に関する最新の手口についての情報提供を行うとともに、治安状況などに関するヒアリングを行い、情報交流を通じて治安維持効果を高めるとした。

犯罪取り締まりについては、セキュリティブラックスポット、カジノ及びその周辺、バス停等の人が集まる場所を中心に警察官を増員して巡回及び身分証確認といった任務にあたり、窃盗、密航、売春、非合法両替といった各種違法行為への対応を強化。また、飲酒運転等の危険行為対策として検問も強化するとのこと。

このほか、イミグレーション施設及び観光名所周辺における交通整理、緊急事態発生時の救援プランの準備も十分に整えているという。

警察総局では、市民及びインバウンド旅客に安心して春節ムードを満喫してもらえるよう、生命、財産の安全を守る各種取り組みに全力を尽くすとした。

マカオ警察による旧正月前後の警戒取り締まりの一環で実施された路線バス乗客全員に対する身分証チェックの様子=2019年1月15日(写真:マカオ警察総局)

マカオ警察による旧正月前後の警戒取り締まりの一環で実施された路線バス乗客全員に対する身分証チェックの様子=2019年1月15日(写真:マカオ警察総局)

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ政府統計調査局(DSEC)は2月23日、今年(2024年)1月の訪マカオ外客数(インバウン…
  2.  マカオ政府統計調査局が2月23日に公表した資料によれば、今年(2024年)1月の総合消費者物価指…
  3.  マカオ治安警察局は2月23日、マカオのタクシー車内で拾ったスマホを届け出せずに着服、転売したとし…
  4.  マカオ政府教育・青年発展局(DSEDJ)は2月23日、同日アメリカの元プロバスケットボール選手で…
  5.  在香港日本国総領事館は2月23日、マカオ・コタイ地区の統合型リゾート(IR)ギャラクシーマカオ内…

ピックアップ記事

  1.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  2.  マカオ国際空港を拠点とするマカオ航空(NX)によれば、2024年1月31日までの期間限定で成田・…
  3.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  4.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  5.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…

注目記事

  1.  日本の女性アイドルグループ「高嶺のなでしこ」が2月1日にマカオ・コタイ地区にあるロンドナーシアタ…
  2.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  3.  香港国際空港の制限エリア内にある「スカイピア」と港珠澳大橋マカオ側イミグレーション施設との間を港…
  4.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  5.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年3月号
(vol.129)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun