ウィンリゾーツ社によるコタイ進出計画承認

マカオ特区政府は2日、ウィンリゾーツ(マカオ)社(以下、ウィンリゾーツ社)がコタイ地区に計画している新リゾート建設計画を承認したことを政府公報に掲載。マカオ国際空港、マカオドーム、シティ・オブ・ドリームズに囲まれた約205,000平米の区画。

マカオ特区政府の開発計画によると、コタイ地区のロータスブリッジ(蓮花大橋)より北のエリアをマカオを世界的リゾート地にするためのツーリズム総合区画 と定めており、ホテル、コンベンション、カジノ等の誘致を進めている。 ウィンリゾーツ社は2006年に系列会社を通じ政府へ土地提供申請をしていたが、2007年及び2008年に行われたコタイ地区の区画調整、また同時期の世界的金融危機による影響により2009年の再申請まで計画がストップしていた。

今回のウィンリゾーツ社への計画承認の背景には、計画内容が政府が推進するツーリズム産業の振興を掲げるコタイ地区の開発プランに合致すること、多くの雇用を創出できることが挙げられる。結果、土地委員会の審査を経て、政府はウィンリゾーツ社にカジノ及びコンベンションセンターを含む5つ星ホテル建設を目的とした非公開入札によるリース方式での土地利用の許可につながった。 区画の面積は205,797平米、リース価格は1,438,776,310パタカ(約145億円)、期間は25年間。ホテルの建設面積は454,800平米。なお、ウィンリゾーツ社には、上記リース料のほか周辺の道路整備費用の負担が発生する。

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ司法警察局では、マカオの地域コミュニティの治安環境の浄化による市民と旅客の安全を確保するた…
  2.  マカオの出入境管理を担当する治安警察局は6月22日、SNS等を通じて非居民のマカオ入境時の旅券有…
  3.  澳門海關(マカオ税関)は6月20日、同月19日にマカオ半島北部・祐漢エリア所在の工業ビル内に開設…
  4.  マカオ司法警察局は6月20日、マカオで高齢者の被害が確認された特殊詐欺(電話詐欺)事案3件に関与…
  5.  マカオ政府統計・センサス局が6月21日に公表した資料によれば、今年(2024年)5月の総合消費者…

ピックアップ記事

  1.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  2.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  3.  マカオ政府は6月17日、政府がコタイ地区の南東部に位置する約9万4000平米の国有地を活用し、約…
  4.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  5.  シンガポール発の国際ラグジュアリーホテルブランド「カペラ」がマカオ初進出することがわかった。カペ…

注目記事

  1.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  2.  マカオ治安警察局は3月5日、東京などからマカオへ向かう航空機内で窃盗を繰り返したとして中国人(中…
  3.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  4.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  5.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年6月号
(vol.132)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun