マカオカジノ(ゲーミング)産業発展史

はじめに

マカオの歴史といえば、世界遺産の紹介と絡めてポルトガル統治時代を中心にした東西交流史を中心に語られることが多い。現在、マカオは世界中から年間約3000万人もの観光客を集めるアジアでも屈指の人気観光都市となっているが、世界遺産の数々はもちろんのこと、カジノリゾート都市であるという点も大きな魅力になっているはずだ。今やラスベガスを抜き世界最大のカジノ都市となったマカオ。しかし、ここに至るまでのカジノ発展史について、これまであまり語られることのなかったのではないだろうか。

約3000室の客室を持つカジノ付き大型IR(統合型)リゾート施設、ヴェネチアンマカオ(イメージ)=マカオ・コタイ地区—本紙撮影
約3000室の客室を持つカジノ付き大型IR(統合型)リゾート施設、ヴェネチアンマカオ(イメージ)=マカオ・コタイ地区—本紙撮影

「東洋のモンテカルロ」や「アジアのラスベガス」と称されるマカオのカジノ(ゲーミング)産業は300年を超える歴史を持ち、現在のマカオの最も重要な経済的支柱といえる。2009年のマカオ特別行政区の歳入に占めるカジノ税の割合は7割を超える。近年、マカオのカジノ総売上はラスベガスを抜き、世界最大のカジノ都市となった。今日のようなマカオのカジノ産業の成功の裏には、中国中央政府やマカオ特別行政区による政策的サポート、企業家による積極的な投資、そして中国人によるカジノ嗜好があるといえる。早速、時系列に沿って、マカオのカジノ産業の発展の歴史を紹介していく。

ホテルリスボア(手前)とグランドリスボア(奥)―本紙撮影(2008年1月)
ホテルリスボア(手前)とグランドリスボア(奥)―本紙撮影(2008年1月)
次のページ:

1

2 3 4 5

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ政府交通事務局は5月17日、同月16日未明にタクシー助手席でのシートベルト着用をめぐるトラ…
  2.  マカオの統合型リゾート(IR)運営企業SJMリゾーツ社がマカオ特別行政区の成立25周年を記念して…
  3.  マカオ司法警察局は5月17日、同月16日にコタイ地区のカジノ施設にあるVIPルームを対象に実施し…
  4.  マカオ半島新口岸地区にあるカジノIR(統合型リゾート)サンズマカオ(澳門金沙)がきょう(5月18…
  5.  マカオ司法警察局は5月16日、マカオで商業ビルのレンタル会議室を宝飾品店に偽装し、マカオ人の男性…

ピックアップ記事

  1.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  2.  シンガポール発の国際ラグジュアリーホテルブランド「カペラ」がマカオ初進出することがわかった。カペ…
  3.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  4.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  5.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…

注目記事

  1.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  2.  マカオ治安警察局は3月5日、東京などからマカオへ向かう航空機内で窃盗を繰り返したとして中国人(中…
  3.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  4.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  5.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年5月号
(vol.131)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun