マカオ政府、パンダ1頭「返却」の可能性に言及

昨年(2014年)12月、中国の習近平国家主席がマカオ返還15周年記念式典などに出席するためマカオを訪れた際、中央政府からジャイアントパンダのつがいをマカオに贈ることが発表された。既存の1頭と合わせ、マカオのパンダは計3頭となる見通しとなった。

2009年の返還10周年の際、初めてマカオにつがいのジャイアントパンダが贈られた。その後、オスの開開(カイカイ)とメスの心心(シンシン)が2010年12月にマカオへ到着。コロアン島のマカオジャイアントパビリオンで飼育、展示を行ってきたが、今年(2014年)6月にシンシンが急性心不全で亡くなった。

今回、返還15周年を機にマカオに贈られるパンダもつがいとなり、カイカイの配偶ではないとされた。しかし、マカオ市民の間では、マカオ生まれのパンダの誕生への期待も高く、カイカイの体調も万全であることから、マカオジャイアントパンダパビリオンを運営するマカオ政府民政総署管理委員会の梁冠峰委員は昨年12月26日、中央政府に対し、もう1頭メスのパンダを追加要請したいとする考えを示していた。

ところが、その後事態が急転したようだ。マカオ政府行政法務庁の陳海帆長官は1月14日に記者会見を行い、カイカイの配偶となるパンダを追加要請する考えがないことを明らかにした。民政総署では、カイカイと新たにマカオへ贈られるつがいの計3頭を飼育する準備のみを進めているという。また、カイカイの配偶問題に関しても、つがいのパンダが到着した後、カイカイを中国本土へ戻すことも含め、専門家による検討を開始するとした。

マカオのパンダが最大4頭にまで増えると期待されたが、逆に最低2頭となる可能性も出てきた。専門家による検討を経た上でという前提とはいえ、返還10周年を記念して中国中央から「友好の証」として贈られたパンダを返却する可能性に言及したことは異例で、マカオメディアが一斉に速報した。

マカオで飼育、展示されているオスのジャイアントパンダ「開開(カイカイ)」=2014年11月、コロアン島・マカオジャイアントパンダパビリオン(写真:IACM)

マカオで飼育、展示されているオスのジャイアントパンダ「開開(カイカイ)」=2014年11月、コロアン島・マカオジャイアントパンダパビリオン(写真:IACM)

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  このほどマカオ政府財政局(DSF)が公表した最新統計によれば、今年(2024年)3月の住宅売買・…
  2.  マカオ・コタイ地区にあるギャラクシーアリーナで「ITTF(国際卓球連盟)男女ワールドカップマカオ…
  3.  マカオでは、政府とカジノIR(統合型リゾート)運営6社がコラボレーションし、域内の旧市街地エリア…
  4.  マカオ政府交通事務局は4月15日、電子決済の普及と使用が進む状況を鑑み、マカオ金融管理局及び公共…
  5.  マカオの統合型リゾート(IR)運営SJMリゾーツ社は4月16日、国際的に権威ある格付け機構として…

ピックアップ記事

  1.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  2.  マカオ国際空港を本拠地とするマカオ航空(NX)が福岡便の運航を(2024年)7月12日から再開す…
  3.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  4.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  5.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…

注目記事

  1.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  2.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  3.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  4.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  5.  香港国際空港の制限エリア内にある「スカイピア」と港珠澳大橋マカオ側イミグレーション施設との間を港…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年4月号
(vol.130)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun