マカオ、7月のカジノ売上対前年94.5%減の約177億円…新型コロナによるインバウンド旅客減の影響続く=1〜7月累計は79.8%減

 マカオ政府博彩監察協調局(DICJ)は8月1日、今年(2020年)7月のマカオの月次カジノ売上(Gross Gaming Revenue=GGR)について、前年同月から94.5%減、今年最低だった前月から87.7%増となる13.44億マカオパタカ(日本円換算:約177億円)だったとする最新統計を公表。

 対前年の主なマイナス要因として、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)防疫対策の一環で1月下旬から現在に至るまで入境制限を含む厳格な防疫対策が講じられており、インバウンド旅客数が激減していることが挙げられる。政府は新型コロナの外国からの流入(いわゆる第二波)に対する警戒を強め、3月25日から水際対策を強化(ボーダー閉鎖に近いレベル)しており、以降は一層インバウンド旅客減が進んでいる。対前月では、7月15日からマカオと広東省の間における水際対策が一部緩和された(14日間の隔離検疫の撤廃、諸条件有り)こととの関連が伺える。

 なお、7月の1営業日あたりの平均売上は0.43億マカオパタカ(約5.7億円)。新型コロナの影響が生じて以降、2月(2月5〜19日の休業期間を除く14日間)は2.22億マカオパタカ(約29.3億円)、3月は1.70億マカオパタカ(約22.4億円)、4月は0.25億マカオパタカ(約3.3億円)、5月は0.56億マカオパタカ(約7.4億円)、6月は0.23億マカオパタカ(約3.0億円)と低位で推移している。

 今年1〜7月累計のカジノ売上は前年同時期から79.8%減の350.64億マカオパタカ(約4622億円)で、マイナス幅は前月終了時点から2.4ポイント拡大。

 DICJは新型コロナ防疫体制下におけるカジノ営業にあたって運営会社に対して従業員及びゲストの健康を最大限保護することなどを求めており、ゲーミング(カジノ)テーブル間の距離の確保、テーブルゲームでは隣席を空ける対応(例えばバカラテーブルでは1テーブルに同時に着席できるのは3〜4人)、スロットマシンについても1台または2台おきの稼動と定められ、交差感染リスク軽減が図られている。チップ等のゲーミング用品に対する消毒も強化実施されている。再開したといっても、あくまで限定的ものだ。

 また、ゲストは入場時にマスクの着用、検温、有効な健康コード(直近の滞在歴、新型コロナ患者との接触歴の有無、発熱や咳といった症状の有無、連絡先を入力して生成されるもの)の提示が義務付けられている。7月15日午前0時からは新型コロナウイルス核酸検査陰性証明書(マカオまたは広東省の認可施設が発出した有効期間内のものに限る)の提示も条件に加わった。

 マカオの月次カジノ売上は2014年6月から2016年7月まで26ヶ月連続で前年割れだったが、2016年8月から2018年12月まで29ヶ月連続で対前年プラスを維持。その後、2019年は1、3、4、7、8、10、11、12月がマイナス、2、5、6、9月がプラスだった。なお、2019年通期のカジノ売上は対前年3.4%減の2924.55億マカオパタカ(約3兆8554億円)。3年ぶりに前年割れとなり、2年ぶりに3000億パタカの大台も下回った。

 なお、現時点で具体的な入境制限緩和のメドは示されておらず、しばらくの間はインバウンド旅客を見込めない状態が続く見通し。

ゲスト及び従業員のマスク着用やカジノ用品の消毒強化といった防疫対策を講じた上で営業を続けているマカオのカジノ施設(資料)=2020年3月(写真:GCS)

【資料1】2020年のマカオの月次カジノ売上の推移(カッコ内は前年比)
・1月:221.26億マカオパタカ=約2917億円(11.3%減)
・2月:31.04億マカオパタカ=約409億円(87.8%減)
・3月:52.57億マカオパタカ=約693億円(79.7%減)
・4月:7.54億マカオパタカ=約99億円(96.8%減)
・5月:17.64億マカオパタカ=約233億円(93.2%減)
・6月:7.16億マカオパタカ=約94億円(97.0%減)
・7月:13.44億マカオパタカ=約177億円(94.5%減)
>1〜7月累計:350.64億パタカ=約4622億円(79.8%減)

【資料2】2013年〜2019年のマカオの年間カジノ売上の推移(カッコ内は前年比)
・2013年:3607.49億マカオパタカ=約4兆7557億円(18.6%増)
・2014年:3515.21億マカオパタカ=約4兆6340億円(2.6%減)
・2015年:2308.40億マカオパタカ=約3兆0431億円(34.3%減)
・2016年:2232.10億マカオパタカ=約2兆9425億円(3.3%減)
・2017年:2657.43億マカオパタカ=約3兆5032億円(19.1%増)
・2018年:3028.46億マカオパタカ=約3兆9923億円(14.0%増)
・2019年:2924.55億マカオパタカ=約3兆8554億円(3.4%減)

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ政府衛生局は4月23日夜、マカオで「人食いバクテリア」と呼ばれる細菌のひとつ、ビブリオ・バ…
  2.  このほどマカオ政府財政局が公表した最新の財政収支資料によれば、今年(2024年)1〜3月累計の歳…
  3.  今年(2024年)6月23日から7月3日にかけて、マカオでISF(国際学校スポーツ連盟)「ワール…
  4.  マカオ・コタイ地区にある統合型リゾート(IR)グランドリスボアパレス(上葡京)で4月22日、世界…
  5.  マカオの統合型リゾート(IR)運営企業SJMリゾーツ社は4月22日、マカオ特別行政区の成立25周…

ピックアップ記事

  1.  マカオ国際空港を本拠地とするマカオ航空(NX)が福岡便の運航を(2024年)7月12日から再開す…
  2.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…
  3.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  4.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  5.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…

注目記事

  1.  香港国際空港の制限エリア内にある「スカイピア」と港珠澳大橋マカオ側イミグレーション施設との間を港…
  2.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  3.  マカオは面積約30平方キロ、人口約68万人の小さな街だが、コロナ前には年間4000万人近いインバ…
  4.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
  5.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年5月号
(vol.131)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun