香港からマカオへの交通費片道無料キャンペーン、海外旅客も適用対象に

 マカオ政府旅遊局(MGTO)では、インバウンド誘致プロモーション施策の一環として今年(2023年)1月13日から香港居民を対象として香港〜マカオ間の往復にかかる一部交通機関の運賃を片道無料とするキャンペーン「Macao Treat」を展開してきた。

 MGTOは4月8日、同キャンペーンによるインバウンド誘致効果は理想的な結果だったとし、4月10日から6月30日までを第2フェーズとし、適用対象を香港居民に加えて香港を訪れる台湾及び日本を含む国際旅客に拡大すると発表。

 本キャンペーンで利用できる交通機関は5社となり、高速船の「TurboJET(噴射飛航)」と「Cotai Water Jet(金光飛航)」、クロスボーダーバス(港珠澳大橋経由)の「HK-MO Express(港澳快線)」、「One Bus(港澳1號)」、「Eternal East Cross-Border Coach(永東直巴)」。

マカオの各イミグレーション施設で出入境旅客が増加している状況=港珠澳大橋マカオ側イミグレーション(図版:MGTO)

 期間中、1人あたり各交通機関を1回ずつ利用することができる。なお、往路と復路を同日とすることはできない。MGTOでは、日帰り利用を適用外とした理由について、旅客のマカオ宿泊促進による滞在時間の延長を図りたい意向があるためと説明している。

 MGTOによれば、本キャンペーンの第1フェーズとなる今年1月13日から3月31日までの期間に14万5657人(延べ、以下同)の利用があったとのこと。内訳は船が約10万人、バスが約4.5万人。今年1〜3月の累計インバウンド旅客数(暫定数値)は496万人超に上り、うち約151万人が香港旅客だったとした。

「Macao Treat」キャンペーン第2フェーズの告知フライヤー(図版:MGTO)

関連記事

Print Friendly, PDF & Email

最近の記事

  1.  マカオ政府環境保護局(DSPA)は6月20日、同局が主催する2023年度「マカオグリーンホテルア…
  2.  マカオ治安警察局は6月19日、マカオ半島中区の路上のエンリケ航海王子大通りでパトロール中、路上で…
  3.  マカオ政府統計・センサス局は6月19日、今年(2024年)4月の飲食業と小売業に関する景気調査結…
  4.  マカオ・コタイ地区にある統合型リゾート(IR)ギャラクシーマカオの運営会社は6月18日、来月(7…
  5.  マカオ司法警察局は6月18日、マカオで被害が確認された特殊詐欺(電話詐欺)事案に絡み、30代の香…

ピックアップ記事

  1.  マカオ政府は6月17日、政府がコタイ地区の南東部に位置する約9万4000平米の国有地を活用し、約…
  2.  豪華絢爛な大型IR(統合型リゾート)を中心としたカジノが目立つマカオだが、実は競馬、サッカー及び…
  3.  マカオの新交通システム「マカオLRT(澳門輕軌)」タイパ線の媽閣駅延伸部が12月8日に開業。マカ…
  4.  マカオ政府旅遊局(MGTO)が国際旅客誘致策の一環として今年(2024年)1月1日から実施してい…
  5.  マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)「スタジオ・シティ(新濠影滙)」運営会社は1月…

注目記事

  1.  日本政府は8月22日、早ければ同月24日にも東京電力福島第一原発におけるALPS処理水(以下、処…
  2.  日本も出場した女子バレーボールネーションズリーグ(VNL)予選第2週のマカオ大会が5月28日から…
  3.  日本の三菱重工業は2月29日、マカオ政府公共建設局(DSOP)から、マカオLRT(Light R…
  4.  マカオ治安警察局は3月5日、東京などからマカオへ向かう航空機内で窃盗を繰り返したとして中国人(中…
  5.  去る12月23日夜、日本の歌手・近藤真彦さんがマカオ・コタイ地区にある統合型リゾート「MGMコタ…
香港でのビジネス進出や会社運営をサポート

月刊マカオ新聞

2024年6月号
(vol.132)

マカオに取材拠点を置くマカオ初、唯一の月刊日本語新聞「マカオ新聞」。ビジネスと観光、生活に役立つ現地マカオ発の最新トピックを月刊でお届けいたします。記事紹介及び閲覧はこちらへ。

ページ上部へ戻る
マカオ新聞|The Macau Shimbun